債務整理でブラックリストに載る影響は?登録される期間と対処法

「ブラックリストに載るとどうなる?」

と多くのご質問が寄せられています。

借金が多くて困っている人は、借金を減らし、消す方法をすることができる債務整理をすることができます。

しかし、この方法をするとブラックリストに載り、今後借り入れするのが難しくなったり、クレジットカードを作ることができなくなったり、ローンを組むことができなくなるリスクがあります。

ですが、リスクを回避する方法があるので、債務整理をする前に調べることで安心して債務整理することができます。

目次

債務整理をすると登録されるブラックリストとは

債務整理をすると、信用情報機関に事故情報として登録されることがあります。これは一般的に「ブラックリストに載る」と言われていますが、債務整理した事実や返済が一定期間滞ったなどの情報が記録されることを意味します。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などが申込者を審査する際に、信用情報機関から申込者の信用情報を取り寄せて、返済能力や事故情報の有無を確認して判断をします。

ブラックリストに登録されると、経済的な信用を失うため、ブラックリストが消えるまでは、新たに借り入れやクレジットカード発行の申し込みをしても、原則として審査には通らない可能性があります。

ブラックリストを登録している信用情報機関

株式会社日本信用情報機構
(JICC)
消費者金融と信販会社などが加盟
株式会社シー・アイ・シー
(CIC)
信販会社とクレジットカード会社を中心として銀行系金融機関、消費者金融など加盟
全国銀行個人信用情報センター
(KSC)
銀行や銀行系クレジットカード会社や、銀行系の信用保証協会・農協・信用組合・信用金庫などが加盟

ブラックリストに載る影響

クレジットカードが使えなくなる

ブラックリストに登録されると、新しいクレジットカードを作ることができなくなります。インターネットや広告で「ブラックリストに載っていてもクレジットカードは作れる」といった言葉を見かけることもありますが、それらは確証がないものです。

既に使用しているクレジットカードも、いずれ使用できなくなる可能性があります。カード会社によって異なりますが、カードの有効期限が近づくと使用できなくなると考えることをおすすめします。

クレジットカードに与える影響を確認

新たに借り入れできない

ブラックリストに載ると、基本的に新たにローンやクレジットカードなどの借金をすることができなくなります。これは、ブラックリストに載っていることは、借金を返済する能力に問題があることを意味しているためです。

また、ブラックリスト期間中に、「ブラックリストに載っていても借金をすることができる」といった勧誘は、ほぼ間違いなく違法なヤミ金融業者によるものですので、くれぐれも注意してください。

ローンに与える影響を確認

携帯電話・スマホの分割払いができない

ブラックリストに載ると、携帯電話やスマホの購入時に分割払いができなくなります。これは、分割払いはローンの一種であり、申し込み時に信用情報登録機関に照会されるため、審査が通らない可能性があるからです。

もし端末を交換したい場合は、一括払いにするか、少し古い機種を購入することをおすすめします。また、格安スマホ会社に乗り換えることで、月々の利用料も格段に下がることがあります。

ケースによっては賃貸住宅の契約ができない

ブラックリストに登録されても、新しいアパートやマンションを借りたり、今住んでいる家の契約を更新することには影響はありません。オーナーから退去するようにと促されることなくそのまま住むことができます。

ただし、ブラックリストに載っていると、賃貸住宅の契約にも影響が出る可能性があります。特に、賃貸物件のオーナーが家賃保証会社と契約を結んでいる場合、入居審査の際に信用情報を確認されることがあり、断られる可能性があります。

賃貸契約に与える影響を確認

保証人になれない

ブラックリストに載ると、住宅ローンや自動車ローン、奨学金の契約などにおいて保証人が必要になる場合、その最低期間は5年間保証人になれないことが原則です。ただし、債務整理した本人の親族は保証人になることはできます。

例えば、子供の奨学金を契約したい場合は、共働きの世帯で夫が債務整理をしている場合であっても、妻が債務整理をしていなければ妻が保証人になることができます。

家族に影響はない

ブラックリストに載っても、家族の信用情報に影響を及ぼすことはありません。家族が保証人になっている場合は、家族が返済義務を負うことになりますが、任意整理によってそれを除外することが可能です。また、保証人も同時に任意整理することも可能です。

就職や転職に影響はない

ブラックリストに載っても、任意整理や特定調停、個人再生をすることで、就職や転職に影響はありません。自己破産をする場合は、申し立てから裁判所からの免責の許可を受けるまでの期間中には、一部の職業において職業制限がかかりますが、裁判所からの免責の許可を受けた後は職業制限が解除され、通常通りの就職や転職が可能になります。

生命保険には影響はない

ブラックリストに載っても、生命保険には影響がありません。生命保険はお金に関する契約ですが、信用情報機関には加盟していないため、加入時に信用情報を確認されることはありません。

年齢や健康状態などの条件を満たしていれば、任意整理後でも契約することができます。生命保険は掛け捨て型や積み立て型の2種類ありますが、どちらもブラックリストに載った状態でも加入することができます。

ブラックリストに登録される期間

債務整理をすると、貸金業者から事故情報として登録されます。

登録期間は、債務整理の方法によって異なります。任意整理や個人再生の場合は、受任通知を受け取った日から5年間、特定調停の場合は、特定調停を開始する旨の通知を受け取った日から5年間、自己破産の場合は10年間事故情報が載ります。

そのため、債務整理する際は、事故情報が登録される期間を考慮する必要があります。

ブラックリストに載った場合の対処法

クレジットカードの代わりに別サービスを利用する

ブラックリストに載っても、家族や配偶者が契約しているクレジットカードの「家族カード」が利用できます。家族カードは一人一人に発行されるカードで、クレジットカードと同じようにショッピングやキャッシングができます。

もし家族や配偶者がクレジットカードを持っていない場合は、デビットカードやプリペイドカード、高速道路を利用する場合はETCカードなどの別サービスを利用することができます。

債務整理をしたら確認しておきたいクレカの代わり

国の制度を使って借り入れする

ブラックリストに載っても、生活に困っている場合は、市区町村の社会福祉協議会に申請することで、緊急小口資金や、失業して日常生活の維持が困難な世帯向けの、月額20万円を3ヶ月間借り入れできる総合支援資金を無利子で借り入れることができる可能性があります。

債務整理をして借金の返済額を減らすことができても、生活が苦しくて新たに借り入れをしたい場合は、国の制度を活用して借り入れをしてください。

家族名義でローンを組む

債務整理をした後は信用情報機関にブラックリストが載るので、自分の名義でローンを申し込むと審査が通りにくくなります。しかし、家族の名義で申し込むことで、自分自身がブラックリストに載っているとしてもローンを組むことができます。

例えば、共働き世帯で夫が債務整理の手続きをした場合、妻が債務整理をしていなくてブラックリストに載っていなければ、妻の名義でローンを申し込むことができます。

機関保証制度で奨学金を借りる

ブラックリストに載ると保証人になれないので、保証人をつけて奨学金を借りることができません。しかし、月額の保証料を支払うことで、機関保証制度を利用すれば奨学金を申し込み、お金を借り入れることができます。

ブラックリストに載っても対処法があるから債務整理するべき

ブラックリストに載っても、債務整理をすれば借金を減らし、返済を整理することができます。ブラックリストに載るのは、債務整理だけでなく、借金を放置した結果、返済が大変になり延滞した場合にも起こります。

ブラックリストに載っても、5年から10年経過すると削除されて、新しいローンやカードの作成、借り入れができるようになります。

また、ブラックリストに載っていたとしても別の手段で代用できるので、借金問題に困っていたら放置するのではなくいち早く債務整理するべきです。

借金を減らす債務整理の詳細を確認

ブラックリストに関するよくある質問

債務整理でブラックリストはいつ消える?

ブラックリストに載る期間は、債務整理の方法によって異なります。任意整理や個人再生の場合は、受任通知を受け取った日から5年間、特定調停の場合は、特定調停を開始する旨の通知を受け取った日から5年間、自己破産の場合は10年間事故情報が載ります。

詳しくはこちら

ブラックリストに載っているかを確かめるには?

JICC、CIC、KSCといった信用情報機関から申込者の信用情報を取り寄せることで、ブラックリストに載っているかどうかを確認できます。

詳しくはこちら

  • URLをコピーしました!
目次