債務整理後にクレジットカードは使える?新規でカードを作る方法

「債務整理した後にクレジットカードは使える?」

「債務整理後に新しくクレジットカードを作れる?」

と多くのご質問が寄せられています。

債務整理の後にクレジットカードを使用することはできますが、それは手続きの種類や期間によって異なります。任意整理、個人再生、自己破産の3つの種類があり、債務整理後すぐには新しいクレジットカードを作ることは原則的にできません。

しかし、手続き後の時間が経つにつれて、新しいクレジットカードを作るための発行審査が容易になります。また、債務整理の手続きによっては、クレジットカードを使用することができる方法もあります。詳細については、専門家に相談してください。

借金を減らす債務整理の詳細を確認
目次

債務整理をするとクレジットカード利用に影響すること

クレジットカードを債務整理する場合、キャッシング利用・ショッピング利用で支払うべき借金をへらすことができます。しかし、債務整理をすることで、クレジットカード利用に影響が出ます。

債務整理するクレジットカードはすぐに使えなくなる

債務整理をすると、クレジットカードはすぐに使えなくなります。原因は、債務整理するとクレジットカードは解約扱いになり、即日使用できなくなるからです。

また、債務整理をした場合、ショッピングとキャッシングを分けて対応してくれるクレジットカード会社はほとんどありません。つまり、債務整理をすれば、ショッピングもキャッシングも共に利用できなくなります。

ETCカード・家族カードも使えなくなる

債務整理をした場合、クレジットカードの他に、そのクレジットカードに付随している家族カードやETCカードも同様に使うことができなくなります。

ただし、ETCカードは交通事故を防ぐため、急な使用停止はされないようですが、自分から使用を中止することをお勧めします。使い続けているとクレジットカード会社から連絡が来たり、法的な処置を取られることがあるので注意してください。

クレジットカードのポイントがなくなる

債務整理をすると、クレジットカードは解約扱いになり、以前に貯めていたポイントも使えなくなります。もしクレジットカードに貯まっているポイントがたくさんあるのであれば、債務整理する前に使うようにしておくと良いでしょう。

ポイントを使ったからといって、任意整理において不利になることはありません。

他社のクレジットカードもいずれ使えなくなる

クレジットカードを任意整理した場合、他社のクレジットカードも使えなくなる可能性があります。クレジット会社は契約時以外にも、カード更新時など定期的に利用者の審査を行っており、審査が通らなかった場合はカードの使用が制限されることがあります。

他社のクレジットカードも使用する予定がある場合は、事前に確認しておくようにしましょう。

購入した商品が取り上げられる

債務整理をすると、ショッピングローンのような貸金業者が商品の所有権を持っている契約がされていて、返済中の場合、その商品が引き上げられる可能性があります。

ただし、使用感があったり、壊れている商品などは引き上げられない可能性もあります。

購入した商品を取り上げられないために

債務整理した後にクレジットカードを作る方法

債務整理をすると、すぐに新しいクレジットカードを作ることはできません。しかし、整理をしてから一定期間が経つと、新しいクレジットカードを作ることができるようになります。

すぐにクレジットカードが作れない理由

ブラックリストが削除されてから申し込む

借金を整理すると、その情報は貸金業者間で共有されるため、新しいクレジットカードを作るのが難しくなります。しかし、整理した後一定期間が経過すると、その情報が削除されるため、新しいクレジットカードを作る可能性が出てきます。

任意整理や個人再生をした場合は、借金が完済した後、自己破産をした場合は手続き後に約5年から10年経過すると、その情報が削除されるので、申し込むことができるようになります。

債務整理をしていないカード会社に申し込む

債務整理をした場合、クレジットカード会社にはその情報が残っています。そのため、債務整理したことがあるクレジットカード会社には新しく申し込んでも発行審査に通りにくい可能性があります。

一方で、今までクレジットカードを利用したことがないクレジットカード会社に申し込むと、発行審査が通りやすい可能性が高くなります。個人再生や自己破産をした場合は、以前に利用したことのないクレジットカード会社に申し込むことが望ましいでしょう。

1社ずつ申し込む

複数のクレジットカード会社に同時に申し込みをすると、申し込みの記録がたくさん残ってしまいます。それが多いと、他の会社にも貸してもらえないと判断されて、発行審査に通らなくなる可能性が高くなります。それで、クレジットカードの発行審査をうける時は、1社ずつ申し込むことが良いです。

キャッシング枠を付けずに申し込む

クレジットカードの申し込みの際に、キャッシングを希望すると、クレジットカード会社の審査が厳しくなり、発行審査に時間がかかったり、発行審査に落ちる可能性が高くなることがあります。

そのため、クレジットカードの申し込みの際には、キャッシング枠を申し込まないことで、発行審査に通りやすくすることができます。なお、キャッシングはクレジットカードを申し込んだ後でも申し込むことができるため、必要な時に申し込むことができます。

限度額を低く設定して申し込む

クレジットカード申し込みの際に、収入から生活費を差し引いた余裕がある限度額を申し込むことで、返済能力に問題がないと判断され、発行審査に通りやすくなる可能性が高くなります。

また、限度額を低く設定することで、クレジットカードを使いすぎて返済が困難になるのを防ぐことができ、利用額の管理もしやすくなります。

安定した収入を作る

クレジットカード会社は、新しいクレジットカードを発行するために、申し込んだ人が返済能力があるかどうかを確認するために、収入を確認することがあります。

収入が安定していると、返済能力に問題がないと判断され、クレジットカードの審査が通りやすくなります。特に、年収200万程度がある人には審査が通りやすいです。

新しい信用取引情報を作る

クレジットカード会社は、新しいクレジットカードの申し込みをするときに発行審査を行います。しかし、債務整理をしてから約5年から10年の範囲で新しい信用取引をしていない場合、クレジットカード会社は申請者の返済能力や信用度合いを正確に判断することが難しくなります。そのため、債務整理後には新しい信用取引をすることで、クレジットカードの審査を通りやすくすることができます

例えば、携帯の機種を分割払いで購入することで信用取引情報を作ることができます。

債務整理した後にクレジットカードの代わりとして使えるサービス

債務整理をすると、クレジットカードが使えなくなりますが、その代わりに家族カード、デビットカード、プリペイドカード、ETCパーソナルカードなどがあります。

これらのカードはカード払いやETC機能が使えるので、債務整理後にもカード決済ができます。ぜひ、債務整理後にも使える代替のカードを利用してください。

デビットカード

債務整理後にも使えるデビットカードは、発行審査が不要で、決済時に銀行口座から直接支払いをすることができるカードです。

デビットカードは、現金を持ち歩くことなく、登録した銀行口座の残高まで使うことができます。そのため、債務整理後にも使えるデビットカードは、現金の持ち歩きを避け、管理しやすいカードとなります。

家族カード

債務整理した後でも、配偶者や家族が契約しているクレジットカードの「家族カード」を使うことができます。

家族カードは、契約者の家族に発行されるカードで、一人ひとりに別のカードを発行することができ、クレジットカードと同じようにショッピングやキャッシングなどの利用ができます。

家族カードは、契約者の信用に基づいて発行されるため、債務整理している場合でも簡単に発行することができます。

プリペイドカード

債務整理後でも、クレジットカードを使うことができない場合には、プリペイドカードが代わりに使えます。プリペイドカードは、あらかじめ入金しておいた金額でのみ使用することができるので、入金額以上の負担を心配することなくカード払いができます。

さらに、年間費用もかからず、発行審査も不要なので、手軽に使うことができます。「Vプリカ」や「バンドルカード」、「LINE Pay」のリアルカード、「au WALLETプリペイドカード」、「ソフトバンクカード」などのサービスがあります。

ETCパーソナルカード

債務整理後にもクレジットカードが使えなくなってしまいますが、代わりに使えるカードやサービスがあります。

その中でも、ETCパーソナルカードは、保証金を先に預け入れることで契約ができ、カードを使って発生した通行料金は毎月銀行口座から引き落とされるため、債務整理後でも利用することができます。

ETCを利用する際に便利なサービスなので、クレジットカードに付随していたETCカードが使えなくなった場合は新しく作ることをお勧めします。

債務整理した後のクレジットカードに関するよくある質問

債務整理をするとクレジットカードはどうなる?

クレジットカードの借金を債務整理をすると、解約扱いになってすぐに使えなくなります。

詳しくはこちら

債務整理後いつからクレジットカードが作れる?

債務整理をすると、すぐに新しいクレジットカードを作ることはできません。しかし、借金を完済してから5年~10年が経つと、新しいクレジットカードを作ることができるようになります。

詳しくはこちら

  • URLをコピーしました!
目次