過払い金請求で載りたくないブラックリストを回避する方法

過払い金請求で載りたくないブラックリストを回避する方法

「過払い金請求でブラックリストに載らないか不安」、「過払い金請求で信用情報に傷がつかないか」といった声をよく聞きます。

過払い金請求をした場合すべてがブラックリストに載るかというと、そんなことはありません。また、ブラックリストと聞くととても怖いものに感じてしまうかもしれませんが、正しいブラックリストの知識を身につければそれほど怖がる必要がないとわかるはずです。

過払い金請求とブラックリストの正しい関係を知り、安心して過払い金を取り戻せるようにしましょう。

目次

過払い金請求でブラックリストに載らないためにできること

過払い金請求でブラックリストに載らないようにできることは3つあります。

過払い金がいくらあるのか調べるだけでは、ブラックリストには載ることがないでしょう。

  1. 借金を完済してから過払い金請求する
  2. 返済中の借金を過払い金請求で完済する
  3. 完済した借金だけを過払い金請求する

借金を完済してから過払い金請求する

返済中の借金を過払い金請求で完済する

返済中の借金を過払い金で完済することができれば、ブラックリストに載ることはないでしょう。また、借金がなくなるので、毎月の返済が必要なくなります。

返済中の借金を過払い金で完済できるかどうかは、司法書士・弁護士に依頼して調べることができますし、自分でも調べられます。

完済した借金だけを過払い金請求する

貸金業者ごとに過払い金請求をするか選べます。完済済みの貸金業者だけに過払い金を請求することでブラックリストに載ることはありません。

完済した貸金業者からの過払い金で返済中の借金も完済すれば、返済中の貸金業者の過払い金請求もブラックリストに載ることなくおこなえます。

ブラックリストより過払い金請求ができなくなる方が怖い訳

過払い金は発生していても、最後の取引から10年が経つと時効になってしまうと取り戻せなくなるので、1日でもはやく過払い金請求をしないと損をしてしまいます。

過払い金請求は自分でやるほかに、司法書士・弁護士といった専門家に依頼する方法があります。過払い金請求は手続きに時間がかかり、その間に時効をむかえてしまうリスクがあるので、無理に自分でやろうとはせずに司法書士・弁護士に依頼するべきです。

過払い金請求の主な手続き

  • 取引履歴を取り寄せる
  • 過払い金の計算をする
  • 過払い金の交渉をする

過払い金請求でブラックリストに載る理由

借り入れを返済している間に過払い金を請求した場合、借り入れと過払い金の金額によってはブラックリストに載る可能性はありますが、借り入れを完済してから過払い金を請求するならブラックリストには載らないので大丈夫です。

ブラックリストとは何か

ブラックリストに載る、ブラックになるというのはどういうことかというと、以下の4つの理由で信用情報機関に登録されている信用情報に事故情報が記録されるということです。

名称内容
延滞借金の返済が数ヵ月遅れる
債務整理任意整理、個人再生、自己破産の手続き
代位弁済債務者に代わって保証会社が債権者(貸金業者)へ借金を支払う
強制解約貸金業者から強制的に解約される

事故情報が登録される信用情報機関一覧

消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者は、それぞれの信用情報機関の加盟会員です。借り入れやクレジットカードの新規契約の審査をするときには職業・年齢・収入など申込者の属性情報、事故情報を信用情報機関から確認します。

株式会社日本信用情報機構(JICC)消費者金融と信販会社が主な会員
株式会社シー・アイ・シー(CIC)信販会社・クレジットカード会社が主な会員だが、銀行系金融機関や消費者金融も加盟会員
全国銀行個人信用情報センター(KSC)銀行・銀行系クレジットカード会社や、銀行系の信用保証協会・農協・信用組合・信用金庫が加盟会員

返済中の過払い金請求をするとブラックリストに載る

借り入れの金額が過払い金の金額より多ければ、過払い金請求ではなくなり借金を減らす債務整理の手続きになるのでブラックリストに載ります。

クレジットカードの過払い金請求をするとブラックリストに載る

クレジットカードは、ショッピングの返済が残っていると過払い金請求をするときに取り戻した過払い金が返済にあてられます。過払い金で完済ができないと債務整理の手続きになるので、ブラックリストに載ります。

クレジットカードは、キャッシングを利用していた場合にのみ、過払い金の可能性があります。

吸収・合併した貸金業者の過払い金請求をするとブラックリストに載ることがある

吸収・合併した貸金業者から過払い金を取り戻そうとした場合に、吸収・合併後の貸金業者に返済が残ったまま過払い金請求をすると過払い金で完済できなかったときにはブラックリストに載ります。

ブラックリストに載っているか確認を自分でする方法

ブラックリストに載っているか自分で確認するためには、信用情報機関に信用情報の開示申請を出す必要があります。 JICC、CIC、KSC3つの信用情報機関ごとに、それぞれ登録している事故情報は違う場合もあるので、すべての信用情報機関に開示申請しましょう。

  • JICCとCIC:スマートフォン・郵送・窓口の中から選んで開示申請できる
  • KSC:窓口でのみ開示申請ができます。

過払い金請求でブラックリストに載るリスクと回避方法

貸金業者は、申込者の属性情報や事故情報を確認して借り入れやクレジットカードの新規契約の審査をおこないます。

ブラックリストに載ったままだと、借り入れ・クレジットカード・ローンといった審査が通りづらくなります。使用中のクレジットカードも、信用情報機関に事故情報が登録されると使えなくなってしまいます。

クレジットカードが新たにつくれないというリスクの回避方法

方法1:家族名義のクレジットカードを作成

債務整理した本人の家族は、債務整理後も家族名義でクレジットカードを作成できます。

家族名義のクレジットカードは、返済に余裕が持てるように限度額を低く設定する、債務整理をしていない会社で新規申請するといった対策をすることで、クレジットカードが作成できる可能性が高まります。

方法2:家族名義のクレジットカードを家族カードで使用

家族のクレジットカードの「家族カード」をつかうことができます。家族カードとは、契約者の家族に一人ひとり別のカードが発行されて、クレジットカードと同じようにショッピングやキャッシングの利用ができるカードです。

クレジットカード以外のサービスを利用

デビットカードを利用

私生活で現金を持ち歩きたくない方にはデビットカードが適しています。カードを利用してすぐに銀行口座から利用料金が引き落とされるので、登録した銀行口座に残っている金額だけがつかえて、つかいすぎを防止できます。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、契約の際に保証金が先に必要で、保証金を預け入れることでETCが使えます。カードをつかい支払った通行料金は、毎月銀行口座から引き落しがされます。

ブラックリストを怖がらなくていい理由

ブラックリストに載っても、就職や転職、家族には影響しないので周囲にはバレません。

借り入れやクレジットカード、ローンの審査は通りにくくなってしまいますが、毎月の返済に苦しみ続ける状態からは抜け出せるというメリットを得られます。

また、ブラックリストは約5年〜10年程度で削除されたあとは、借り入れやクレジットカード、ローンの審査も通りやすくなります。

ブラックリストに載る期間は最大でも10年

信用情報機関に登録されたブラックリストは、5年間は原則敵に削除がされません。

登録される信用機関により期間は異なりますが、個人再生の手続きをした場合には全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録された場合の10年間が最大となります。

ブラックリストの登録は一生ではなく、一定期間過ぎれば削除され、借り入れやクレジットカード・ローンの審査はまた通るようになります。

ブラックリストから情報を消す方法

2010年4月19日に廃止されたので、過払い金請求で信用情報機関の「契約見直し(コード71)」というブラックリストの方は取消ができます。

「事故情報取り消し申立書」を過払い金の請求をする貸金業者に郵送すると、ブラックリストから取り消しがされます。

事故情報取り消し申立書に記載すべき内容

事故情報取り消し申立書に記載する内容
和解・裁判の判決を受けて過払い金請求と過払い金が返還されたこと
事故情報が登録されていること
事故情報の取り消し要求の内容
事故情報に記載されていること(実際に事故情報が登録されていること)
14日間以内に取り消されなければ、金融庁へ行政指導の申し立てをするということ

「過払い金請求でブラックリストに載りたくない」、「過払い金請求で信用情報に傷がつかないか」といった不安の声をよく聞きます。

過払い金請求をした場合すべてブラックリストに載るかというとそんなことはありません。また、ブラックリストと聞くととても怖いものに感じてしまうかもしれませんが、正しいブラックリストの知識を身につければそれほど怖がる必要はないとわかるはずです。

過払い金請求とブラックリストの正しい関係を知り、安心して過払い金を取り戻せるようにしましょう。

過払い金請求でブラックリストに載らないためにできること

過払い金請求でブラックリストに載らないようにできることは3つあります。

過払い金がいくらあるのか調べるだけではブラックリストに載らないのでご安心ください。

  1. 借金を完済してから過払い金請求する
  2. 返済中の借金を過払い金請求で完済する
  3. 完済した借金だけを過払い金請求する

借金を完済してから過払い金請求する

借金を完済してから過払い金請求すれば、ブラックリストに載ることはありません。

返済中の借金を過払い金請求で完済する

返済中の借金を過払い金で完済することができれば、ブラックリストに載ることはありません。借金がなくなるので、毎月の返済が必要なくなります。

返済中の借金を過払い金で完済できるかどうかは、司法書士・弁護士に依頼して調べることができますし、自分でも調べられます。

完済した借金だけを過払い金請求する

貸金業者ごとに過払い金請求をするか選べます。完済した貸金業者にのみ過払い金請求することでブラックリストに載ることはありません。

完済した貸金業者からの過払い金で返済中の借金も完済すれば、返済中の貸金業者の過払い金請求もブラックリストに載ることなくおこなえます。

ブラックリストより過払い金請求ができなくなる方が怖い訳

過払い金は発生していても、最後の取引から10年が経つと時効になってしまうと取り戻せなくなるので、1日でもはやく過払い金請求をしないと損をしてしまいます。

過払い金請求は自分でやるほかに、司法書士・弁護士に依頼する方法があります。過払い金請求は手続きに時間がかかり、その間に時効をむかえてしまうリスクがあるので、無理に自分でやろうとはせずに司法書士・弁護士に依頼するべきです。

過払い金請求の主な手続き

過払い金請求は主に次の順番でおこなわれます。

  1. 取引履歴を取り寄せる
  2. 過払い金の計算をする
  3. 過払い金の交渉をする

過払い金請求でブラックリストに載る理由

借り入れを返済している間に過払い金を請求した場合、借り入れと過払い金の金額によってはブラックリストに載る可能性があります。借り入れを完済してから過払い金を請求すればブラックリストに載ることはありません。

ブラックリストとは何か

ブラックリストに載る、あるいはブラックになるというのは、以下の4つの理由で信用情報機関に登録されている信用情報に事故情報が記録されることです。

名称内容
延滞借金の返済が数ヵ月遅れる
債務整理任意整理、個人再生、自己破産の手続き
代位弁済債務者に代わって保証会社が債権者(貸金業者)へ借金を支払う
強制解約貸金業者から強制的に解約される

事故情報が登録される信用情報機関一覧

消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者は、それぞれの信用情報機関の加盟会員です。借り入れやクレジットカードの新規契約の審査をするときには職業・年齢・収入といった申込者の属性情報や事故情報を信用情報機関から確認します。

株式会社日本信用情報機構(JICC)消費者金融と信販会社が主な会員。
株式会社シー・アイ・シー(CIC)信販会社・クレジットカード会社が主な会員だが、銀行系金融機関や消費者金融も加盟会員。
全国銀行個人信用情報センター(KSC)銀行・銀行系クレジットカード会社や、銀行系の信用保証協会・農協・信用組合・信用金庫が加盟会員。

返済中の過払い金請求をするとブラックリストに載る

借り入れの金額が過払い金の金額より多ければ、過払い金請求ではなくなり借金を減らす債務整理の手続きになるのでブラックリストに載ります。

クレジットカードの過払い金請求をするとブラックリストに載る

クレジットカードは、ショッピングの返済が残っていると過払い金請求をするときに取り戻した過払い金が返済にあてられます。過払い金で完済ができないと債務整理の手続きになるので、ブラックリストに載ります。

クレジットカードは、キャッシングを利用していた場合にのみ、過払い金の可能性があります。

吸収・合併した貸金業者の過払い金請求をするとブラックリストに載ることがある

吸収・合併した貸金業者から過払い金を取り戻そうとした場合に、吸収・合併後の貸金業者に返済が残ったまま過払い金請求をすると過払い金で完済できなかったときにはブラックリストに載ります。

ブラックリストに載っているか確認を自分でする方法

ブラックリストに載っているか自分で確認するためには、信用情報機関に信用情報の開示申請を出す必要があります。 JICC、CIC、KSC3つの信用情報機関ごとに、それぞれ登録している事故情報は違う場合もあるので、すべての信用情報機関に開示申請しましょう。

  • JICCとCIC:スマートフォン・郵送・窓口の中から選んで開示申請できる
  • KSC:窓口でのみ開示申請ができます。

過払い金請求でブラックリストに載るリスクと回避方法

貸金業者は、申込者の属性情報や事故情報を確認して借り入れやクレジットカードの新規契約の審査をおこないます。

ブラックリストに載っていると、借り入れ・クレジットカード・ローンといった審査が通りづらくなります。使用中のクレジットカードも、信用情報機関に事故情報が登録されると使えなくなってしまいます。

クレジットカードが新たにつくれないというリスクの回避方法

方法1:家族名義のクレジットカードを作成

債務整理した本人の家族は、債務整理後も家族名義でクレジットカードを作成できます。

家族名義のクレジットカードは、返済に余裕が持てるように限度額を低く設定する、債務整理をしていない会社で新規申請するといった対策をすることで、クレジットカードが作成できる可能性が高まります。

方法2:家族名義のクレジットカードを家族カードで使用

家族のクレジットカードの「家族カード」をつかうことができます。家族カードとは、契約者の家族に一人ひとり別のカードが発行されて、クレジットカードと同じようにショッピングやキャッシングの利用ができるカードです。

クレジットカード以外のサービスを利用

デビットカードを利用

私生活で現金を持ち歩きたくない方にはデビットカードが適しています。カードを利用してすぐに銀行口座から利用料金が引き落とされるので、登録した銀行口座に残っている金額だけがつかえて、つかいすぎを防止できます。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは、契約の際に保証金が先に必要で、保証金を預け入れることでETCが使えます。カードをつかい支払った通行料金は、毎月銀行口座から引き落とされます。

ブラックリストを怖がらなくていい理由

ブラックリストに載っても、就職や転職、家族には影響しないので周囲にはバレません。

借り入れやクレジットカード、ローンの審査が通りにくくなりますが、毎月の返済に苦しむ生活から抜け出せるといった大きなメリットが得られます。

また、ブラックリストは約5年〜10年程度で削除されたあとは、借り入れやクレジットカード、ローンの審査も通りやすくなります。

ブラックリストに載る期間は最大でも10年

信用情報機関に登録されたブラックリストは、原則として5年間は削除されません。

登録される信用機関により期間は異なりますが、個人再生の手続きをした場合には全国銀行個人信用情報センター(KSC)に登録された場合の10年間が最大となります。

ブラックリストの登録は一生ではなく、一定期間過ぎれば削除され、借り入れやクレジットカード・ローンの審査はまた通るようになります。

ブラックリストから情報を消す方法

2010年4月19日に廃止されたので、過払い金請求で信用情報機関の「契約見直し(コード71)」というブラックリストに載った方は取消できます。

過払い金請求をした貸金業者に「事故情報取り消し申立書」を郵送することで、ブラックリストから取り消されます。

事故情報取り消し申立書に記載すべき内容

事故情報取り消し申立書に記載する内容
和解・裁判の判決を受けて過払い金請求と過払い金が返還されたこと
事故情報が登録されていること
事故情報の取り消しの要求内容(過払い金を返還してもらっただけで、債務整理ではないことなどを記載)
事故情報に記載されていること(実際に事故情報が登録されていること)
14日間以内に取り消されなければ、金融庁への行政指導の申し立てをすること

ブラックリストによくある質問

過払い金請求するときにブラックリストを回避する方法はありますか?

過払い金請求するときにブラックリストを回避する方法は以下の3点です。

  1. 借金を完済してから過払い金請求する
  2. 返済中の借金を過払い金請求で完済する
  3. 完済した借金だけを過払い金請求する
ブラックリストに載る期間はどれくらい?

ブラックリストに載る期間は5年程と言われています。また、最大でも10年とされており、ブラックリストから外れれば再びクレジットカードが持てるようになったり、ローン審査に通りやすくなります。その他は「ブラックリスト入りを恐れる必要がない理由」を参照してください。

  • URLをコピーしました!
目次