過払い金の計算方法と自分で計算するときの注意点

過払い金の計算方法と自分で計算するときの注意点

過払い金は過去に払い過ぎた利息のことをいいます。

消費者金融やクレジットカード会社といった貸金業者へ借り入れを返済するときに、法律で定められた利率を超えて支払いをしていた場合に発生します。

過払い金がいくら発生するのかは引き直し計算をすることでわかりますが、自分で過払い金の引き直し計算をおこなって計算を間違えると、返還される過払い金が少なくなったり、貸金業者に断られたりするリスクがあります。

そこで、この記事では過払い金の計算方法と自分でおこなうときの注意点を、計算例を用いて解説しています。

目次

過払い金の計算方法

過払い金が発生している条件

過払い金が発生している条件は、主に貸金業法と出資法によって定められています。

2010年6月に貸金業法と出資法が改正され、出資法の上限金利が29.2%から20.0%に引き下げられたことにより、過払い金が発生する可能性が高くなりました。これは、違法な金利設定をしていた貸金業者が2007年頃から金利を下げるなどの対策を講じていたためです。

上限利息に関する法律には、主に金利を取り締まる「利息制限法」と出資を規制する「出資法」の2つが存在し、「利息制限法」では上限金利を15%から20%に設定していたのに対し「出資法」では29.2%を上限としていたので、「グレーゾーン金利」という概念が生まれました。

過払い金を算出するには、グレーゾーン金利での借入を現在の法廷金利に合わせて計算し直し、返済額がいくらになるのか割り出します。

実際に返済した金額と法廷金利に基づく返済額の差額が過払い金になります。それによって、過払い金が発生していることが分かり、貸金業者に対して請求することができます。

すでに借金を完済している場合

すでに借金を返済している場合の過払い金の計算方法として、例えば消費者金融から50万円を金利25%で借り入れて5年で完済した場合は次の通りです。

1日当たりの利息(50万円×25.0%÷365)×返済期間(365日×5年)=62万5,000円

この利息を現在の利息で計算しなおすと、金利18.%なので次のようになります。

1日当たりの利息(50万円×18.0%÷365)×返済期間(365日×5年)=45万円

過払金は、グレーゾーン金利で払いすぎていた利息から、現行法の利息に差し引いた金額になります。

金利25%の利息(62万5,000円)-金利18%の利息(45万円)=17万5,000円

この例では、17万5,000円の過払い金が発生していたことになります。

いまも借金を返済中の場合

いまも借金を返済中の場合でも、利息の計算方法は借金を完済した場合と同様におこないます。ただし、いまも借金を返済している場合は、借金を完済してから再び借り入れをしているかたなので、2回目の借金について考慮する必要があります。

例えば、100万円を金利25%で借入れて、1年後に完済した場合の過払い金の計算は次のようになります。

1日あたりの利息(100万円×25.0%÷365)×365日=25万円

この利息を現在の利息で計算しなおすと、金利18.%なので次のようになります。

1日あたりの利息(100万円×18%÷365)×365日=18万円

グレーゾーン金利で払っていた利息から現行法での利息を差し引くと次のようになります。

金利25%の利息(25万円)-金利18%の利息(18万円)=7万円

1回目の取引では、過払い金が7万円発生していることがわかりました。

次に、1回目の借金完済の1週間後に100万円の借り入れをおこなって、また1年後に完済することを5回繰り返したとすると、7万円×5回=35万円の過払い金が発生します。

5回目の借り入れ完済の1週間後に同じ貸金業者から30万円借り入れて、まだその借金を返済中の場合は、これまで発生した過払金で残っている借金を清算して、残った金額が最終的な過払い金になります。

残債30万円-過払い金35万円=-5万円

つまり、最終的な過払い金額は5万円ということになります。

引き直し計算の仕組み

過払い金の引き直し計算は、過払い金の金額を正確に算出する方法です。

金融業者に対して、過去の借入額や返済額の履歴を開示し、それを現在の法廷金利に合わせて再計算することで、過払い金の金額を算出します。

ただし、複数回の借り入れや分断された取引などの場合、計算方法が違うので、正確な金額を出すには専門家に相談することが必要です。

過払い金が高額になる可能性が高い方

過払い金が高額になる可能性が高いのは、借り入れ金額が多く、返済回数が多い方です。

リボルビング払いを選択して返済する場合は、回数が増えるのでグレーゾーン金利の利息も増えるので、過払い金が高額になりやすいです。また、複数の金融機関から借り入れをおこなう場合は、利息の負担が増えるので、過払い金が高額になる可能性があります。

過払い金の引き直し計算を自分でする方法

過払い金の引き直し計算を自分でするときに必要なもの

  • エクセルがつかえるパソコン
  • 取引履歴
  • 過払い金計算ソフト

取引履歴を取り寄せる方法

取引履歴を取得するためには、貸金業者の窓口に直接受け取りに行く方法と、郵送、電話、インターネットなどを利用する方法があります。

直接受け取る場合は、貸金業者の窓口に行き、必要な書類を提出して取引履歴を受け取ります。郵送、電話、インターネットを利用する場合は、取引履歴を請求するための書類を郵送して、貸金業者からの返信を待ちます。

取引履歴を取得するためには手数料が1,000円程度かかる場合もありますが、貸金業者に連絡をしてたり、直接受け取りに行っても脅されることはないので安心してください。

エクセルで引き直し計算をする方法

過払い金の計算には、さまざま方法がありますが、エクセルを使用することで簡単かつ正確な計算ができます。

まずは、貸金業者から取り寄せた取引履歴を元に、年月日、借入金額、返済額などを入力します。次に利率を入力しますが、利率は借入残高によって違います。

例えば、10万円未満の場合は20%、10万円以上100万円未満の場合は18%、100万円以上の場合は15%です。

そして、エクセルに入力した項目を元に計算を行います。結果として、残元金にマイナスが出たら過払い金が発生していることになります。

過払い金の計算には、複雑な計算式や決まりはありませんが、エクセルを使用することで簡単かつ正確な計算ができるので、ぜひ活用しましょう。

過払い金計算ソフトとは?

過払い金計算ソフトは、インターネット上で公開されている過払い金を計算するツールです。これにより、過払い金を計算する際に、手作業で入力する必要がなくなり、正確な計算を行うことができます。

過払い金計算ソフトには、外山式や名古屋式などがあり、外山式は新潟県長岡市にあるアドリテム司法書士法人代表の外山敦之氏が提供しているもので、専門家の利用者も多いです。

一方、名古屋式は名古屋消費者信用問題研究会が提供しているもので、取引履歴を元に借入金額と返済額を入力するだけで計算できます。

どちらのソフトもインターネットで無料でダウンロード可能です。

過払い金を計算するには、正確な情報が必要です。取引履歴や金利などを誤って入力すると、過払い金額が少なくなってしまったり、貸金業者に断られてしまう可能性があります。

また、過払い金には時効があり、最終の取引日から10年以上経ってしまうと請求することができなくなるので、時効を迎えて1円も請求できなくなる可能性もあります。

自分で過払い金請求の計算をしているあいだに時効を迎えてしまう可能性があるので、司法書士や弁護士に相談して、はやく正確な過払い金額を計算してもらって、貸金業者に請求することがおすすめです。

引き直し計算を自分でする時の注意点

取引履歴の取り寄せには時間がかかる

過払い金計算に必要な取引履歴を貸金業者から取り寄せることは重要ですが、それには時間がかかることがあります。

貸金業者によっては司法書士・弁護士からの依頼を優先して、個人からの依頼を後回しにすることがあるため、取引履歴が手に入るまでに数週間から数か月かかることがあります。

さらに、貸金業者によっては取引履歴を処分していたり、開示しない場合もあります。そのため、過払い金請求の時効が迫っている場合は専門家に相談して、早急に取引履歴を取り寄せることが大切です。

取引履歴の利用目的を聞かれた時の答え方

取引履歴を取り寄せる際には、貸金業者から利用目的を聞かれることがあります。

利用目的を聞かれたときに、正直に「過払い金請求をするため」と答えないようにしてください。過払い金請求をしたことを示す言葉を使用すると、貸金業者から利息が過払金と分かっていたのではないかと指摘されて、過払い金を取り戻すのが困難になる可能性があります。

取引履歴の利用目的を聞かれたら、取引の履歴を確認したいと答えるようにしましょう。

返済中の過払い金請求は残高を確認する

いまも返済中の借金があるときには、借金の残高に気をつけて過払い金の計算をする必要がありまます。

返還される過払い金よりも返済中の借金が多い場合には、借金を清算できなくて事故情報に登録されます。いわゆるブラックリストの状態なので、あらたなクレジットカードの作成やローンを組むことができなくなります。

すでに借金を完済している場合や、いまの借金残高を清算できる場合は、過払い金を請求しても事故情報が登録される心配はありません。

過払い金で失敗しないように注意して計算するようにしましょう。

シュミレーションや過払い金計算ソフトはあくまで目安

インターネット上には、過払い金計算シミュレーションや過払い金計算ソフトといった無料ツールがあります。

過払い金計算シミュレーションや過払い金計算ソフトは、無料で使用できて過払い金の計算をスマホでも簡単に計算できる便利なツールですが、貸金業者によっては利率が違ったり、利息を変更した日が違うので、過払い金がいくらあるのかツールでは正確にはわかりません。

無料の過払い金計算サイトの数字はあくまで目安なので、ツールに頼りすぎず、自分で取引履歴を取り寄せて計算するか、司法書士・弁護士に依頼するべきです。

過払い金の計算方法によくある質問

過払い金の計算方法は?

過払い金を算出するには、グレーゾーン金利での借入を現在の法廷金利に合わせて計算し直し、返済額がいくらになるのか割り出します。詳しくは「過払い金の計算方法」をご確認ください。

過払い金の計算は取引履歴がなくてもできますか?

取引履歴がないと何パーセントの金利で借り入れをしていたのか分からないため正しく計算することができません。また、計算がおかしければ請求は却下されます。取引履歴については「取引履歴を取り寄せる方法」をご確認ください。

  • URLをコピーしました!
目次