任意整理の意味がない4つのケースと借金を減らす対処法

「任意整理は意味ないんじゃないの?」

と疑問に思う多くの方からのご相談が寄せられています。

任意整理をすることで、将来支払う利息をなくし、返済期間を長くして、毎月の返済額を減らすことができます。 しかし、返済状況によっては任意整理が適していないこともあります。そこで今回は、任意整理の意味がない具体的なケースと対処法を解説します。

目次

本当に任意整理は意味がない手続きなのか

任意整理が意味のある手続きかどうかを判断するためには、任意整理がもたらすメリットを理解する必要があります。

任意整理により、今後の支払いの利息を削減し、借り入れの返済額を減らすことができます。また、返済期間を3年から5年に延ばすことで、毎月の返済額を減らすことも可能です。

任意整理を弁護士・司法書士に依頼することで、貸金業者に対する交渉力が増し、督促も止まります。弁護士・司法書士が依頼者の経済状況を考慮したうえで貸金業者と交渉して、依頼者にとって無理のない返済計画を立てることができます。

任意整理の意味がないケース(4つ)

任意整理することで、返済期間を長くして毎月の返済額を小さくすることができます。借金の返済で苦しんでいる方にとって、任意整理は意味のある手続きのひとつですが、返済状況によっては意味がなくなるケースがありますのでご紹介します。

金利の低い借金

任意整理で今後支払う利息をなくすことができますが、借金の元本自体を減らす手続きではありません。そのため、金利の低い借金を任意整理しても、減らせる利息が少ないので、借金の返済額があまり減らせない可能性があります。

また、任意整理専門家に依頼して手続きをすることが一般的ですが、それには費用がかかります。任意整理をする費用と今後支払う利息を比べて、費用が利息より少ない場合は任意整理をする意味がなくなります。

金利の低い借金を弁護士・司法書士に依頼して任意整理する場合

年利3.5%で100万円を借りて3年で返済する場合:利息の合計が10.5万円

弁護士費用の相場:10~20万円

→ 減らせる金額よりも費用が高くなる可能性あり

返済期間が長い借金

任意整理は返済期間を延ばす手続きですが、延ばせる期間は3年~5年です。残りの返済期間が長い借金を任意整理すると、逆に返済期間が短くなって、毎月の返済額が増えてしまう恐れがあります。

いつまで返済すれば完済できるのかを事前に確認しておかなければ、任意整理の意味がなくなるケースがあります。

任意整理に応じてくれない借金

借り入れ時の契約内容や返済状況によっては貸金業者が任意整理に応じない借金があります。

ほとんど返済していない借金

貸金業者から借り入れをしてから一度も返済していない、ほとんど返済できていない場合は、任意整理をしても返済できる見込みがないと判断されます。そのため、貸金業者に和解交渉をしたとしても、応じてくれないケースがほとんどです。

家や車を担保にしている借金

住宅ローンや自動車ローンのように、家や自動車などの財産を担保にしている借金を任意整理しても、貸金業者は担保に設定している財産を回収することができるため、任意整理に応じてくれないケースがほとんどです。

強制執行の準備をしている

任意整理をする前に、貸金業者が訴訟を起こして給料の差し押さえなどの強制執行をする準備が始まっている場合、任意整理に応じてくれません。

返済能力がないと任意整理の意味がない

任意整理は、貸金業者と交渉して、今後の支払い利息をなくし、返済期間を長くすることで、毎月の返済額を少なくすることができます。

ただ、収入が少なく、返済することができない場合や、収入が不安定な場合は、貸金業者に返済能力がないと判断されるため、任意整理はできません。

任意整理が意味ない場合に借金を減らす方法

任意整理の意味がない借金を減らしたい場合、任意整理ではない他の債務整理手続きで借金問題を解決することができます。

例えば、個人再生や自己破産といった手段があり、これらの方法は任意整理よりも借金をより大きく減らすことができます。

個人再生

個人再生とは、借り入れの返済に苦しんでいる人が手続きをすることで、今後発生する利息をなくし、元金を最大90%減らし、残りの借り入れを3年~5年の返済にする手段です。最終的には、残った分を3年~5年の間に完済することで、減らした分の返済する必要はありません。

ただし、個人再生をする際には、自宅や車などの財産を差し押さえられる可能性があります。また、クレジットカードが使えなくなり、官報に載ることもあります。

個人再生には「住宅ローン特則」という制度があり、これを利用すれば、自宅を残しながら借金を減額できます。また、ローンを完済している場合は車も残せる可能性があります。

個人再生をするとクレジットカードやローンの申し込みをすることができなくなりますが、手続きから5~10年経った後には申し込むことができるようになります。また、官報に載ったとしても、その内容を目にする機会が少ないため、一般の人に見つかる可能性が低いです。

もし返済が大変だと感じているのに、個人再生をしないままだと、遅延によって罰金が発生し、一度に全部返済するように求められ、財産を差し押さえられるなどの危険性があります。返済が辛い場合は、早めに弁護士や司法書士に相談するべきです。

自己破産

自己破産とは、自分が抱える借金が返済することができない場合に、裁判所に申し立てて、借金を免除する手続きです。自己破産をすれば、借金を返済する義務がなくなります。

また、99万円以下の現金や生活に必要な財産は最低限の範囲で残しておくことができるので、手続きをすることで暮らしやお金に困ることはありません。ただし、自己破産をすることで、クレジットカードやローンなどの新規借入れができなくなります。

返済が苦しければ、いち早く生活を立て直すことが大切です。借り入れを増やしてその場しのぎの生活を変えるためにも、自己破産をご検討ください。

任意整理意味ないでよくある質問

任意整理って意味はあるの?

任意整理をすることによって、今後の返済にかかる利息が軽減され、返済額を減らすことが可能です。また、返済期間を3年から5年に延長することで、毎月の負担額を軽減することもできます。

しかし、任意整理をしても意味がないケースもあるので「任意整理の意味がないケース(4つ)」を参照してください。

任意整理が意味ないときはどうする?

任意整理の意味がない借金を減らすには、他の債務整理手続きで借金問題が解決できる可能性があります。

個人再生や自己破産といった方法なら任意整理よりも借金を大幅に減らすことができるかもしれないので「任意整理が意味ない場合に借金を減らす方法」をご確認ください。

  • URLをコピーしました!
目次