過払い金請求で知るべきデメリットとリスクやメリットと得する方法

過払い金請求で知るべきデメリットとリスクやメリットと得する方法

借金を完済しており、生活保護を受給していない場合は過払い金請求をするデメリットはありません。しかし、借金がまだ残っている、生活保護を受給している、という場合は今後の生活が借金以外の問題で苦労する可能性があります。

また、過払い金請求には自分で貸金業者に請求をかける方法と司法書士や弁護士に依頼する方法があります。自分で過払い金請求をおこなうと多大な時間と労力がかかり、貸金業者との交渉で負けてしまうというリスクがあります。

この記事では過払い金請求をする前に読んでおかないと確実に損をするデメリットとリスクを解説し、デメリットとリスクを軽減して得をする方法について紹介しています。過払い金請求を考えており、絶対損をしたくないという方はぜひお読みください。

目次

過払い金とは

過払い金とは、借金やクレジットカードなどで返済すべき金額よりも多く支払ってしまった金額のことを指します。

これは、返済スケジュールや利息の計算方法に誤りがあった場合、手数料や罰金などが含まれている場合など、多くの原因が考えられます。

過払い金が発生した人は、借金やクレジットカードなどで返済をしている人であれば誰でも対象になります。

特に、返済スケジュールや利息の計算方法について疑問を持っている人や、手数料や罰金が含まれているか確認したい人は、過払い金が発生している可能性が高いです。

過払い金請求をすることでのデメリット

信用情報機関(ブラックリスト)に情報が載ってしまう

信用情報機関に名前が載ってしまうことをブラックリストに載ると言われます。

借り入れしている借金の返済が終了していれば、過払い金請求をしても信用情報機関(ブラックリスト)に情報が載ってしまうことはありません。また、借金はあるものの、過払い金請求をすることで借金を相殺することができる場合も信用情報機関(ブラックリスト)に情報が載ることはありません。

しかし、借金が残っており、過払い金請求しても借金を返すことができない場合は信用情報機関(ブラックリスト)に情報が載ってしまいます。信用情報機関(ブラックリスト)に載ってしまうことは生活上のデメリットがありますが、借金を無くすことを第一に考える場合は信用情報機関(ブラックリスト)に載ることを避けられないこともあります。

生活保護が停止する可能性がある

生活保護の受給をしている場合に、過払い金請求をして最低生活費以上の過払い金が手元に戻ってくると、収益源があるとして生活保護の対象から外れてしまい受給できなくなる可能性があります。ただし、最低生活費以上の金額を役所に返せば生活保護は継続して受給することができます。

過払い金請求をした会社のクレジットカードは使えなくなる

エポスやイオンクレジットサービスなど、普段のお店で使えるクレジットカード会社に過払い金請求を行うと社内ブラックという対象になり、クレジットカードの利用ができなくなります。

普段から使わないクレジットカードなら問題はないですが、光熱費などの支払いをおこなっていたり、お買い物のポイントをためている人は過払い金請求前に、支払先の変更やポイントを使い切らないと支払いができなくなってしまったり、ポイントが消失して損をしたりすることにつながります。

過払い金請求することで得られるメリット

借金をなくしたり、減らすことができる

2010年以前に借金をしており、現在も借金返済をしている場合、高額な過払い金が戻ってくる可能性があります。過払い金請求をすることで借金と相殺して借金を無くしたり、借金を減らすことができます。

過払い金請求をして借金を無くすことができない場合は任意整理を依頼したほうがよいでしょう。

生活の足しにすることができる

過払い金は少額の借り入れでも、利息制限法を超えた金利で借り入れをしていれば発生しています。そのため、払いすぎた利息を取り戻せば思わぬ副収入として生活を楽にすることができます。

弁護士に依頼せずに過払い金請求をするリスク

過払い金の引き直し計算が大変

自分で過払い金請求をするときに最初にして困難なことが過払い金がいくら発生しているかを確認する引き直し計算です。引き直し計算とは借りていた時の金利と利息制限法の金利を考慮して正しい金利のもと、払いすぎた利息がいくらなのかを計算する方法です。

計算が間違っていれば思った金額よりも低くなってしまいますし、間違っていれば不利に働く可能性があります。

過払い金請求の裁判のために平日仕事をやすまなくてはいけない

過払い金請求をするには貸金業者と和解するか、裁判で満額に近い金額を取り戻すかになります。和解となれば裁判の必要はありませんが、貸金業者に有利な交渉になるため、本来戻ってくるはずの金額の30%程度にまで減ってしまう可能性があります。

満額に近い金額で過払い金を取り戻す場合、裁判に出廷する必要があります。裁判所は平日の日中に行かなくてはいけないため、仕事をしている場合は仕事を休む必要があります。また、裁判所には出廷するだけでなく、自身の主張が通るように資料を作成したり、主張をしなければなりません。

こちらも合わせて読んだ方が良い

過払い金請求の交渉に応じない業者がいる

そもそも過払い金請求の交渉に応じない貸金業者も一定数います。取引履歴を取り寄せる段階から連絡がつかず、何度も連絡してようやく取引履歴を取り寄せることができた、交渉の際に連絡がつかなくなった、担当をたらいまわしにされる、といった相手に対して根気が必要になります。

弁護士に依頼すれば貸金業者は応じざるを得ないため、円滑に過払い金請求をすることができます。

こちらも合わせて読んだ方が良い

自分にとって不利益な交渉をされる

過払い金請求は和解もしくは裁判によって返還金額が決定します。和解となれば自分が不利益な交渉になることがほとんどなので、過払い金請求の準備にかけた労力に対して戻るべきお金がまったくもどらないといったことにもなりかねません。

こちらも合わせて読んだ方が良い

弁護士に過払い金請求をするメリット

依頼した手続きをすべて対応してくれスムーズに請求できる

弁護士に過払い金請求の依頼をしたときは、過払い金がいくら発生しているかを調べる引き直し計算や過払い金請求に必要な書類の作成、貸金業者との交渉、裁判の出廷といったことをすべて対応してくれます。

また、弁護士がおこなうことで不利益な交渉や連絡を怠るといったことをしなくなるため、過払い金請求をスムーズにおこなうことができます。

過払い金の請求金額を多く回収できる

法律の専門家が貸金業者と交渉するため、できるだけ多くの過払い金を取り戻すことができます。弁護士に過払い金請求をすると依頼費用や成功報酬を支払わなければならないですが、自分で交渉して取り戻すよりも多くお金が残ることがほとんどです。

自分の時間を時給計算するとマイナスになることがほとんどなので、依頼してしまった方が結果的に手元に戻る財産は多いと言えます。

過払い金請求のデメリットとリスクによくある質問

過払い金請求をする上で考えられるメリットは?

といったことが挙げられます。詳しくは「過払い金請求することで得られるメリット」をご確認ください。

  • URLをコピーしました!
目次