過払い金請求費用の相場と事務所の選び方とシミュレーション

過払い金請求費用の相場と事務所の選び方

「過払い金請求」をしなければならないという状況に陥った場合、弁護士に依頼するか自分で対処するか迷うことがよくあります。しかし、過払い金請求にかかる費用や手続きの詳細を知らずに行動を起こすと、結果的に負担が増える可能性があります。

本記事では、過払い金請求にかかる弁護士費用の相場や詳細、費用の内訳、費用を安くする方法、支払いタイミングなどについて解説します。さらに、自分で行動を起こす場合と依頼する場合のシミュレーションも行っているので、この記事を読めば過払い金請求の費用を把握し、最適な選択をすることができるようになります。

目次

過払い金請求にかかる弁護士費用の相場と詳細

相談料、着手金、成功報酬など費用の項目

相談料

相談料は、過払い金請求についての説明やアドバイスを受けるためにかかる料金です。相談料は事務所によって異なりますが、一般的には無料~数万円程度です。

着手金

着手金は、過払い金請求をするために必要な準備作業や手数料を行うためにかかる費用です。着手金は事務所によって異なりますが、一般的には数万円程度ですが、着手金無料の事務所も多く存在します。

成功報酬

成功報酬は、過払い金請求を成功させる際にかかる費用のひとつで、過払い金の返還額の一定割合を成功報酬として受け取る料金です。成功報酬は事務所によって異なり、一般的には過払い金の返還額の20%程度から25%程度程度となります。

これらの費用の項目は過払い金請求をする上で必要なものであり、費用をかけることによって過払い金を最大限に取り戻すことができるため重視する必要があります。ただ、過払い金請求にかかる費用を考慮し、過払い金請求をする事務所を選ぶことも重要です。

事務所の選び方について

過払い金請求を依頼する司法書士・弁護士を選ぶ際には、以下のようなポイントを考慮することが重要です。

選ぶポイント(目安)
実績過払い金の解決件数や過払い金の請求した金額
経験過払い金の相談件数実績や事務所の運営年数
信頼性口コミの評価や評判
料金相談料がかかない
成功報酬が高すぎない
対応力返還額に妥協しない対応が明瞭化している
コミュニケーション能力電話や面談での対応が親切話をくみとってくれる

弁護士と司法書士の違いについて

司法書士は、過払い金の金額が「140万円以下」でないと、代理人になることができないことが特徴であり、裁判については簡易裁判所での訴訟のみ取り扱えます。一方で、弁護士にはそのような制限はなく、過払い金の金額や裁判所に関係なく、代理人となり交渉や訴訟ができます。

弁護士には過払い金の金額に制限はなく、どこの裁判所の取り扱いであろうが、代理人となり交渉や訴訟をすることができます。また、弁護士は法律に関する専門知識があり、より高度な法的アドバイスを提供することができます。一方、司法書士は過払い金の金額が140万円以下であれば、代理人となり交渉や簡易裁判所での訴訟ができます。

過払い金請求にかかる費用の内訳

依頼費用とは別に実費でかかる手数料

収入印紙

収入印紙は、過払い金請求の裁判をするために必要な手数料の一つで、請求する過払い金の金額によって金額が異なります。請求する過払い金が100万円以下の場合は10万円につき1,000円程度、100万1円から500万円までの場合は20万円につき1,000円増加します。これは、裁判所に訴えるために必要な費用の一部であり、裁判をすることで過払い金を取り戻すために必要な手数料です。

請求する過払い金の金額印紙代
~10万円1,000円
10万1円~20万円2,000円
20万円1円~30万円3,000円
30万円1円~40万円4,000円
40万円1円~50万円5,000円
50万円1円~60万円6,000円
60万円1円~70万円7,000円
70万円1円~80万円8,000円
80万円1円~90万円9,000円
90万円1円~100万円10,000円
過払い金が100万円以下のとき

請求する過払い金が100万1円~500万円場合の場合

請求する過払い金額印紙代
100万1円~120万円11,000円
120万1円~140万円12,000円
140万1円~160万円13,000円
160万1円~180万円14,000円
180万1円~200万円15,000円
200万1円~220万円16,000円
220万1円~240万円17,000円
240万1円~260万円18,000円
260万1円~280万円19,000円
280万1円~300万円20,000円
300万1円~320万円21,000円
320万1円~340万円22,000円
340万1円~360万円23,000円
360万1円~380万円24,000円
380万1円~400万円25,000円
400万1円~420万円26,000円
420万1円~440万円27,000円
440万1円~460万円28,000円
460万1円~480万円29,000円
480万1円~500万円30,000円
過払い金が100万1円以上500万円のとき

郵券代

郵券代は、過払い金請求の裁判をする際に必要な郵送費用であり、訴状の副本を裁判所から貸金業者に送るために申し立て人が負担します。ただし、裁判に勝つことができれば、貸金業者に対して請求することができます。各裁判所によって金額は異なりますが、1つの貸金業者に対して過払い金請求の裁判をする場合は、約6,000円かかります。

代表者事項証明書

過払い金請求裁判の際には、貸金業者の商号や本店住所、代表者氏名などが記載されている「代表者事項証明書」が必要です。これは、近くの法務局で取得でき、1通につき600円程度の費用がかかります。

訴訟手数料・日当交通費等

過払い金請求の裁判にかかる費用には、訴訟手数料や日当交通費などがあります。

司法書士や弁護士を選ぶ際には、これらの費用がかからない事務所もあることを確認するようにしましょう。訴訟手数料は、貸金業者1社につき数万円かかることもあります。また、裁判所への出廷にも費用がかかる場合があります。事前に確認して、費用に対しての理解を深めることが重要です。

手数料と過払い金返還率の関係

手数料と過払い金返還率の関係について言えば、司法書士や弁護士に依頼する際には手数料や費用について確認することが重要です。手数料が高い場合でも過払い金の返還率が高い事務所や司法書士、弁護士を選ぶことが有益です。逆に手数料が安い場合でも過払い金の返還率が低い事務所や司法書士、弁護士は避けるべきです。また、手数料だけでなく、過払い金の返還率についても確認することで、費用対効果がよい選択をすることができます。

過払い金請求の費用を安くすませる方法

過払い金請求の費用を安くするためには、以下のような方法があります。

  • 相談料や着手金がかからない事務所を選ぶ
  • 過払い金が発生しているかの調査や計算を無料で行ってくれる事務所を選ぶ
  • 返還後に報酬を支払うタイミングを解決したあとに設定している事務所を選ぶ
  • 過払い金に特化した司法書士・弁護士に依頼する
  • 自分で話し合いや交渉をする

話し合いや交渉がうまくいかない場合は、裁判をする必要があるため、最終的な費用は変わることもあります。ですので、司法書士・弁護士に依頼する前に、自分が払える費用に応じた方法を選ぶことが重要です。

過払い金に特化した司法書士・弁護士に依頼する

過払い金に特化した司法書士・弁護士に依頼する理由は、過払い金についての専門知識を持っているため、過払い金の請求手続きから裁判までスムーズに進めることができ、返還率も高い可能性が高いです。

一方で、特化していない事務所に依頼すると、過払い金についての知識がないため、過払い金の請求手続きがうまくいかず、裁判まで時間がかかってしまう可能性があります。また、返還率も低い可能性があります。

司法書士や弁護士に依頼する際には、その事務所が過払い金請求に特化しているかどうかを確認することが重要です。

自分で解決する方法

自分で過払い金請求をすることは可能ですし、事務所に依頼する手数料や成功報酬を取られることはありません。しかし、過払い金請求を自分で行うことは、司法書士や弁護士に比べると非常に難しいと言えます。

過払い金を取り戻すことはできても本来取り戻せるはずの金額の30%にしかならなかったということも珍しくありません。

司法書士や弁護士は、過払い金請求に特化した専門知識を持っており、法律的な手続きや訴訟手順についての知識があります。また、過払い金請求に関する法律や規則についても熟知しており、自分ではわからないことをアドバイスしてくれます。

手数料や成功報酬を差し引いても手元に戻る金額が多いことがほとんどなので、依頼することをおすすめします。

こちらも合わせて読んだ方が良い

過払い金請求の費用を支払うタイミングについて

過払い金請求をするための費用を不安に感じる必要はありません。

多くの事務所では相談料や着手金などの初期費用がかからないため、費用を準備する必要はありません。また、過払い金の調査や計算も無料で行ってくれる事務所もあります。

過払い金請求に特化した司法書士・弁護士は、過払い金の返還が終わってから費用の精算をします。特に、費用をまとめて用意できない場合は、報酬を支払うタイミングを解決後に設定する事務所もあります。

弁護士・司法書士との費用の清算

過払い金請求の費用の清算方法は、話し合いで和解をした場合は、貸金業者から司法書士や弁護士が指定した口座に過払い金が振り込まれ、その後、費用や報酬が差し引かれた金額が司法書士や弁護士に指定した口座に振り込まれます。裁判での判決の場合も同様です。また、任意整理の手続きの場合は、報酬を一括または分割で支払うことが一般的です。和解書や判決書を確認し、正確な過払い金が振り込まれているかを確認することが重要です。

過払い金請求を自分でしたときと依頼したときの比較シミュレーション

司法書士は1社あたり140万円以下の過払い金を請求可能。
弁護士は1社あたりの過払い金請求する金額に上限はありません。

1.アコムの過払い金200万円を和解で解決
  • 依頼事務所は相談料や着手金、その他の費用はゼロとする
  • 成功報酬は22%とする
予備知識
  • 和解によるアコムの過払い金返還率は、個人の場合は40%程度、弁護士の場合は80%程度
自分でした場合依頼した場合
返還額80万円
(返還率40%)
160万円
(返還率80%)
相談料・着手金0円
成功報酬35万2000円
(成功報酬22%)
手元に残るお金80万円124万8000円

過払い金請求費用の相場によくある質問

過払い金請求にはいくらかかる?

過払い金請求の多くは成功報酬にかかるため、人によって過払い金の金額がちがうので一概にいくらとは言い切れません。しかし、目安としては成功報酬は取り戻した過払い金の22%~30%が発生し、事務所によっては着手金や基本料金が発生します。また、裁判を起こす場合は裁判所に支払う実費が存在します。詳しくは「過払い金請求にかかる費用の内訳」をご確認ください。

過払い金請求を弁護士や司法書士にお願いするにはいくらかかる?

弁護士や司法書士にお願いするときに費用がかかる事務所は2万円~6万円が相場です。しかし、成功報酬から料金を支払う後払い式の事務所も多いので依頼時の費用は0円というケースも珍しくありません。詳しくは「過払い金請求にかかる弁護士費用の相場と詳細」をご確認ください。

  • URLをコピーしました!
目次