借金に困ったら
債務整理を検討しよう

債務整理は借金を減らす・ゼロにする手続きです

債務整理とは、借金返済のお悩みを解決する手続きです。銀行やクレジットカード会社などから借りた場合、利用者は期日までに返済しなければいけませんが、それが困難な場合に債務整理をすることができます。

債務整理では、貸金業者と交渉して返済期間や毎月の返済額を減らす、または裁判に申し立てて借金をゼロにすることができます。

債務整理は借金を減らす

ゼロにする手続きです

債務整理とは、借金返済のお悩みを解決する手続きです。銀行やクレジットカード会社などから借りた場合、利用者は期日までに返済しなければいけませんが、それが困難な場合に債務整理をすることができます。

債務整理では、貸金業者と交渉して返済期間や毎月の返済額を減らす、または裁判に申し立てて借金をゼロにすることができます。

借金を整理する4種類の債務整理

借金を整理する

4種類の債務整理

任意整理

任意整理とは、貸金業者と直接交渉することで、将来利息をなくして元金のみを3年~5年に延ばし、毎月の返済額を減らすことができる手続きです。任意整理は手続きする借金を選択することができるため、財産を担保にしている借金や保証人がついている借金を、任意整理の対象から外すことができます。

特定調停

特定調停は、裁判所を通して本人(または弁護士・司法書士)と貸金業者の両者で将来利息をなくしたり、返済期間と月々の返済額について話し合い、合意することで借金を減らす手続きです。一般的には任意整理と同様に元金のみを3年~5年に延ばしますが、裁判所に認められないと手続きできなかあったり、裁判所に出向く必要があったりします。

個人再生

個人再生は、借金を返済できない場合に裁判所に申し立てて、裁判所が承認した再生計画に沿って、借金を最大1/10まで減らせる手続きです。個人再生においてはすべての借金が対象になりますが、「住宅ローン特則」を適用することで、自宅を残しながら借金を大幅に減額することができます。

自己破産

自己破産とは、借金が返済できなくなった個人が裁判所に申し立て、財産を処分して借金を返済するか、借金を全部無くす手続きをすることです。自己破産に必要な書類を裁判所に提出して、不備がなければ、破産や免責の手続きが進み、借金をゼロにすることができます。

過払い金請求で借金を減らせる or 現金が手元に戻る

過払い金請求で借金を減らせる

or

現金が手元に戻る

過払い金とは、過剰な利息や手数料などを支払ったことによって発生する負担のことです。2010年までに借り入れをした人が発生している可能性があります。過払い金が発生している場合、返済中の借金から過払い金が発生している場合、借金を減らすことができて、完済した借金から過払い金が発生している場合、現金が手元に戻ってきます。

過払い金の有無を調べるためには、貸金業者に問い合わせるか、過払い金請求専門の会社に相談するのが良いでしょう。過払い金請求をすることでブラックリストに載ることはありません。請求する権利の時効は10年で、借金を完済した日を起点に数えます。10年を過ぎると過払い金請求できなくなるので、早めに手続きをするべきです。

債務整理の手続きの違いを比較

債務整理の手続きの違いを比較

任意整理個人再生自己破産
借金元本を減額できる
住宅や車を残せる
保証人に迷惑がかからない
信用情報に事故情報が残る
官報に名前と住所が載る
クレカが使えなくなる
裁判所に出頭する
周囲にバレにくい

債務整理のメリット・デメリット

債務整理のメリット・デメリット

メリット

  • 借金の減額やゼロにできる
  • 一時的に督促や取立てをストップできる

デメリット

  • ブラックリストに載る

債務整理の主なメリットとデメリットは上記の図にある通りです。また、任意整理や個人再生、自己破産でそれぞれ違ったメリット・デメリットがあります。債務整理ごとのメリット・デメリットを知ることで、ご自身にとって最適な手続きを選ぶことができて、また、債務整理をした影響で生活に支障が出ないように事前準備をすることができます。

債務整理の手続き

債務整理の手続き

STEP
弁護士・司法書士へ借金問題の相談
STEP
ご依頼
STEP
受任通知の送付(貸金業者からの取り立てが止まる)
STEP
弁護士・司法書士が貸金業者と交渉
STEP
交渉終了(借金がある場合は返済開始)
STEP
弁護士・司法書士へ借金問題の相談
STEP
ご依頼
STEP
受任通知の送付(貸金業者からの取り立てが止まる)
STEP
弁護士・司法書士が貸金業者と交渉
STEP
交渉終了
(借金がある場合は返済開始)

債務整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼すると、面倒な手続きを代行してくれます。貸金業者との交渉もスムーズに進むので、自分で手続きをする場合よりも手間をかけずに債務整理することができます。

任意整理、個人再生、自己破産の4種類の債務整理では、手続きの流れや手続きにかかる期間が違います。

債務整理の費用相場

債務整理の費用相場

任意整理の費用相場

費用名目費用の相場
相談料0円~1万円
着手金1社あたり2万円~5万円
基本報酬1社あたり2万円~5万円
減額報酬減額した金額の10%

個人再生の費用相場

費用項目費用の相場
裁判所費用20万円程度〜
弁護士費用50万円程度

自己破産の費用相場

費用名目費用の相場
手数料5,000円
裁判所費用1万~50万円
弁護士費用30万円~80万円

借金の解決方法を探る

借金の解決方法を探る

特定調停で借金を減額する方法

特定調停は、裁判所を通し貸金業者と将来利息をなくしたり、返済期間と月々の返済額について話し合い、合意することで借金を減らす手続きです。

個人再生で借金を減額する方法

個人再生は、借金を返済できない場合に裁判所に申し立てて、裁判所が承認した再生計画に沿って、借金を最大1/10まで減らせる手続きです。

自己破産で借金を免除する方法

自己破産とは、借金が返済できなくなった個人が裁判所に申し立て、財産を処分して借金を返済するか、借金を全部無くす手続きをすることです。

債務整理に強い事務所をエリアで探す