任意整理の流れと手続きにかかる期間を解説

任意整理の流れと手続きにかかる期間を解説

「任意整理」は、クレジットカードなどの借金を返すために、返済の金額を少なくしてくれる方法です。裁判所を通さずに、貸してくれた人と和解することで、月々の返済額を小さくすることができます。手続きの方法や所要時間は、借金の状況や返済方法によって違うので、手続きする前に確認しておきましょう。

目次

任意整理の一連の流れ

任意整理をして借金を減らせるようになるまでのおおまかな流れは以下の通りです。

STEP
専門家に相談・依頼
STEP
受任通知送付
STEP
取引履歴の開示請求
STEP
引き直し計算
STEP
過払い金返還請求
STEP
解案作成・和解交渉
STEP
合意書作成
STEP
支払い開始

STEP1 専門家に相談・依頼

任意整理は司法書士や弁護士の事務所に相談できます。

相談時の内容を確認でき次第、正式な依頼のための委任契約を事務所と結びます。

STEP2 受任通知送付

弁護士または司法書士が貸金業者と任意整理で和解する間、借金の返済を行う必要はなく、貸金業者に対して通知を出した場合には、貸金業者からの督促も止まります。

受任通知を受け取った後に、借金の返済と貸金業者からの督促が止まるので、司法書士や弁護士への依頼費用を支払うことができます。費用を一度に払うことができない場合は、事務所によっては分割払いも選択できます。

お金を借りている会社の数、借金の総額、毎月の返済金額、家族構成、住居、職業、収入などを担当の司法書士や弁護士に伝えることで、減らせる借金の金額、手続きの流れやかかる費用についてくわしく知ることができます。

STEP3 取引履歴の開示請求

司法書士や弁護士は、相談者からの依頼を受けた際に、受任通知とあわせて貸金業者に取引履歴の開示請求書を発送します。これにより、貸金業者から借りた時期や金利、借りた金額、返済した時期や返済金額などの取引履歴を確認することができます。

STEP4 引き直し計算

取引履歴を確認し、貸金業者から支払っていた利息を計算し、どの程度減らせるかを確認します。また、過去に支払った利息から過払い金があるかどうかを確認し、ある場合はその金額を算出します。もし借金金額より過払い金が多ければ、任意整理ではなく過払い金の請求の手続きに移ります。

STEP5 和解案作成・和解交渉

発生した過払い金の額を超える借金がある場合と、過払い金がない場合は、貸金業者と和解交渉を実施します。

借金の金額をもとに任意整理後の返済回数、月々の返済金額、遅延損害金を記載した和解案を作成して、貸金業者との和解交渉が始まります。

STEP6 合意書作成

貸金業者との交渉が無事終了すると、和解契約を結ぶための合意書を作成します。この契約により、合意した返済回数、月々の返済金額が確定して、残りを借金を返済することになります。

STEP7 支払い開始

弁護士や司法書士から、和解できた旨の連絡を受けると、一度停止していた借金の返済が再開されます。

和解契約書に記載されている、返済額と支払日をもとに返済することになります。

任意整理が完了するまでの期間

弁護士、司法書士に相談をして、任意整理の手続きを正式に依頼すると、その日に契約を結ぶことができます。

弁護士・司法書士に依頼してから貸金業者と和解契約を結ぶまでの期間はおよそ3カ月、複数の貸金業者に対して任意整理を行う場合はおよそ4カ月かかります。

任意整理の手続きに必要な書類

任意整理の手続きをするにあたって、依頼者が用意する必要のある書類があります。任意整理する借金によって用意するべき書類が変わります。

身分証明賞と印鑑

任意整理をするためには、身分証明書(運転免許証、保険証、パスポート)とシャチハタ以外の印鑑を用意しなければなりません。そして、借金の明細書(いつ借りたか、どのくらい借りたか)を持っていくことで借金の総額を確認することができます。

不動産の登記権利証または登記事項証明書

住宅ローンを任意整理するためには、購入した住宅の登記権利証または登記識別情報、登記事項証明書が必要です。

登記権利証や登記識別情報、登記事項証明書は法務局で取得できます。

車検証

自動車ローンを任意整理する場合、車を購入した際に受け取った車検証が必要になります。

もし車検証を失くしてしまった場合は、運輸支局で普通車の車検証を、軽自動車検査協会の管轄事務所で軽自動車の車検証を再発行してください。

任意整理をスムーズに手続きする方法

任意整理は借金をしている貸金業者に借金を減らす交渉を行う必要があるため、スムーズに手続きするには債務整理に強い弁護士・司法書士事務所に依頼することをおすすめします。

任意整理を弁護士・司法書士に依頼するべき理由

任意整理を弁護士や司法書士に依頼することで、減らせる借金の額が大きくなったり、遅延損害金を減額できたりと、有利な条件で和解交渉を進められる可能性が高いです。

また、任意整理を依頼すると、和解案の作成や貸金業者との交渉などを代わりに行ってくれるので、周囲にバレるリスクが少なくなります。スムーズに任意整理を行い、借金を減らしたい方は専門家に依頼されることをおすすめします。

よくある質問

任意整理のどのタイミングで督促は止まる?

貸金業者からの借金の督促は、受任通知が貸金業者が送付された時点で止まります。

受任通知は、依頼を決めた弁護士・司法書士といった専門家から和解の貸金業者に対して送られる通知で、受任通知)を送付したタイミングで借金の返済も行う必要がなくなります。任意整理の手続きは「任意整理の一連の流れ」で知ることができます。

任意整理には何か月くらいかかる?

任意整理は、弁護士・司法書士に依頼してから貸金業者と和解契約を結ぶまで3か月程度かかり、複数の貸金業者に対して任意整理を行う場合は4か月程度かかります。

事前に必要な書類を用意しておくと手続きがスムーズです。必要な書類については「任意整理の手続きに必要な書類」を参照ください。

  • URLをコピーしました!
目次