過払い金請求のリスクとデメリットや返済中・完済後で気を付けること

過払い金請求のリスクとデメリットや返済中・完済後で気を付けること

過払い金は払いすぎた利息のため、取り戻した方が得であることは間違いありません。しかし、借金を返済している最中であったり、家族に借金をしていた過去をバレたくない、生活保護を受けているといったことが当てはまる人は過払い金請求をすると思わぬリスクを背負うことになります。

過払い金請求をすることで起きるリスクを理解しておかなければ、過払い金を取り戻すはずが逆に生活が苦しくなってしまうといったことにもつながりかねません。この記事では、今過払い金請求をしないと発生するリスク、返済中に過払い金請求をすると起きるリスク、自分で過払い金請求するリスク、事務所に過払い金請求を依頼するリスクについて解説しています。

目次

今過払い金請求をしないと発生するリスク

時効によって過払い金請求ができなくなる

過払い金請求は、最後に取引した日から10年が時効期限となります。

過去に貸金業者から借り入れをしていた場合は、完済した日から10年を経過すると、過払い金を請求する権利が失われます。現在、返済中の場合はいつでも過払い金を請求することができます。返済が延滞している場合も同様です。

ただし、時効期限を過ぎてしまうと、過払い金が発生していたとしても一切返金されません。時効期限を過ぎてしまう前に、過払い金を請求するようにしましょう。

時効は借りた日ではなく、最後に取引をした日

貸金業者から複数回借り入れをしている場合、過払い金請求の時効期限や額は最後に完済した日時によって異なります。記憶が曖昧な場合は、過払い金があるか、時効期限内か確認するようにしましょう。事務所によっては無料で診断をおこなってくれるところがあります。

貸金業者が倒産すると過払い金請求ができなくなる

過払い金請求によって、貸金業者の経営が圧迫され、倒産することもあります。この場合、取り戻せる過払い金が大幅に減少したり、まったく取り戻せなくなる可能性があります。

現在、過払い金請求の件数は減少傾向にありますが、貸金業者にとっては払い戻す過払い金を少なく、遅くすることは常に好ましいと考えられています。また、大手だけでなく中小の貸金業者にも、潜在的な倒産リスクが存在するため注意が必要です。

返済中に過払い金請求をすると発生するリスク

信用情報に事故情報が載る(ブラックリストに載る)

返済中に過払い金請求をする場合、ブラックリストに載るリスクがあります。これは、過払い金請求をする貸金業者が「任意整理」として扱った場合に信用情報に事故情報が登録されるためです。

任意整理は、債務整理の一つであり、ブラックリストに載ることがあります。過払い金請求をする際には、貸金業者によって「任意整理」として扱われる可能性があることを確認し、ブラックリストに載るリスクを考慮した上で行うことが望ましいです。また、過払い金が借金の元金よりも大きく、完済状態にならなければ、事故情報は登録されブラックリストに載ってしまうことになります。

そのため、過払い金請求をする場合は、自分が借金を返済することが可能な状態であることを確認することが重要です。

住宅ローンの審査が通りづらくなる

借金を返済中で、元金が過払い金よりも大きい場合、住宅ローンの審査前に過払い金返還請求を行わないほうが良い。ただし、過払い金返還請求をする貸金業者を選ぶことができ、ブラックリストに載るリスクのある貸金業者には請求しないようにすることで、ブラックリストに載らないようにすることができます。

借金完済後の過払い金返還請求であれば影響はないため、住宅ローンの審査にも申し込む場合は、過払い金返還請求を行わないのが良い。

クレジットカードが使えなくなる

過払い金請求をすることでクレジットカードが使えなくなる可能性があります。これは、貸金業者によっては「トラブルのあった顧客」として扱われ、信用情報に問題がある場合はカードローンやクレジットカードの契約が解除され、利用できなくなる可能性があるためです。

また、公共料金などの支払いにクレジットカードを利用している場合は引き落としができなくなるリスクもあります。 そのため、過払い金請求をする前には、貸金業者によって対応が異なることを確認し、影響のありそうなクレジットカードや銀行の口座引き落としなどに変更することを検討することが重要です。

こちらも読まれています

自分で過払い金請求をすると起こるリスク

借金をしていたことが家族にバレる

過払い金請求をする際に、家族や職場にバレるリスクがあります。貸金業者からの郵送物や電話が家族や同僚に知られる可能性があります。

また、裁判所からの郵送物や出席が必要な裁判の際にも、家族や職場の人に知られる可能性があります。これらのリスクを回避するためには、弁護士や認定司法書士に依頼することが望ましいです。

弁護士や司法書士に依頼すれば貸金業者との交渉を代行してくれるので、借りた本人に連絡がいくこともなくなります。

過払い金の引き直し計算を失敗して請求を却下される

過払い金請求をするときに引き直し計算を間違えることで、本来取り戻せるはずの過払い金が少なくなってしまう可能性があります。

また、貸金業者によっては、過払い金請求を却下されることもあります。引き直し計算を間違えるためには、払いすぎた利息を計算する際に、取引履歴の計算ミスや、法廷金利に準じて計算し直す際に誤りがあるなど、様々な原因が考えられます。

そのため、過払い金請求をする場合には、適切な専門家に相談し、正確な引き直し計算を行うことが重要です。

過払い金請求を失敗してしまう

過払い金請求を個人でやる場合、貸金業者との交渉は非常に困難です。貸金業者の担当者は相手が司法書士・弁護士ではなく、交渉ごとになれていない個人の場合、高額な過払い金の返還を渋る傾向にあります。

交渉に慣れていない個人は、貸金業者による交渉に不利な立場に置かれがちです。貸金業者から提示される和解条件を理解しきれず、不適切な和解に誘導される可能性もあります。

また、自分で過払い金請求をするために手間をかけても、本来取り戻せるはずの過払い金が少なくなったり、過払い金請求が断られる可能性もあります。

そのため、過払い金請求をする場合は、専門家に依頼することをおすすめします。弁護士や司法書士は、貸金業者との交渉に熟練しており、適切な和解条件を提示し、過払い金を最大限取り戻すことができます。

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼して起きるリスク

司法書士や弁護士選びを失敗して過払い金が減る

過払い金請求はどの司法書士、弁護士でもOKというわけにはいきません。過払い金請求をおこなえる専門家は多いですが、1円でも多く取り戻したいと考えるなら過払い金請求が得意な事務所を選ぶのが大切です。

過払い金請求が得意でない事務所に依頼してしまうと、過払い金を取り戻すことはできるものの、かなり少ない金額になってしまうケースがあります。過払い金請求は対象の会社につき1回しかおこなえない大事な権利です。

損をすることがないように過払い金請求の実績が豊富な司法書士や弁護士を選ぶようにしましょう。

依頼しても変更はできる

過払い金請求は貸金業者と任意交渉もしくは裁判(訴訟)が終わるまでは依頼事務所を変更することができます。しかし、着手金やそこまでの対応費はとられてしまうので注意が必要です。対応に不満を感じる場合は変更の検討をしたほうが良いでしょう。

悪徳事務所に依頼すると過払い金が減る

悪徳事務所とは過払い金請求をしてお金を取り戻しても依頼者には過払い金が希望額で取り返すことができなかったと嘘の報告をし、返還金を着服する事務所です。返還金は着服文のマイナス分からさらに成功報酬を取られることになるので、ほとんど手元に残らないということになります。

司法書士事務所や弁護士事務所を選ぶときは実績、口コミ、評判をしっかり確認してから依頼するようにしましょう。また、無料相談があれば対応をきちんとしてくれるかもあわせて判断することをおすすめします。

弁護士や司法書士とは違う「業者」の紹介で依頼すると過払い金が減る

司法書士事務所や弁護士や司法書士ではなく、○○の会や非営利団体NPO法人、○○相談所といった司法書士事務所や弁護士事務所ではない、別の組織による紹介には注意が必要です。

これらの団体は司法書士や弁護士に紹介マージンを受け取っている可能性があります。紹介マージンは依頼者の費用負担になるので、着手金や基本料、成功報酬が通常より高くなっていることがあります。また、悪徳事務所であった場合、本来取り戻した過払い金を着服し、戻ってくる金額がさらに減らされている可能性もあります。

過払い金請求は、弁護士事務所や司法書士事務所に直接連絡を取るようにしましょう。また、相談できるサービスや団体があったとしても所在地が確認できるかも確認しておくようにしましょう。

依頼費用が高い事務所に依頼して過払い金が減る

過払い金請求の件数は年々減少しています。大手消費者金融であるプロミスが発表する決算書を見ると2021年の利息返還額は299億5300万円でしたが、2022年は269億800万円でした。年間で30億分減っていることになります。

件数がなくなれば過払い金請求を取り扱う事務所は収益を出すことが難しくなるため、過払い金請求にかかる費用を底上げせざるを得なくなります。中には相場とは大きく外れて金額を高く設定しているところもあります。

あまりに高い費用の事務所に依頼すると手元に残る過払い金が減ってしまうので注意が必要です。

過払い金請求のリスクによくある質問

過払い金請求をしないリスクはなにがありますか?

過払い金請求は放っておいても払いすぎた利息が戻ってくることはありません。そのため、過払い金請求をしないということは確実に損をするリスクがあると認識すべきです。また、対象となる貸金業者が倒産してしまうと過払い金請求ができなくなることも認知しておくべきです。詳しくは「今過払い金請求をしないと発生するリスク」をご確認ください。

自分で過払い金請求をするリスクはありますか?

自分で過払い金請求をすれば弁護士や司法書士に依頼するコストを抑えることができます。しかし、いくつかのリスクが潜んでいるため、一概に自分で請求することが良いとは言い切れません。リスクについては以下の通り。

  • URLをコピーしました!
目次