クレジットカードで過払い金がなぜ発生する?仕組みと条件

クレジットカードで過払い金がなぜ発生する?仕組みと条件

クレカの使用で過払い金は発生する?

クレカの過払い金を請求するリスクは?

クレジットカードのキャッシング機能を利用したことがある人はリボルビング払いや分割払いや一括払いといった返済方法に関係なく、過払い金が発生している可能性があり、過払い金請求をおこなえる可能性があります。

ただし、クレジットカードの種類によっては過払い金請求ができなかったり、請求するための条件があったりします。また、過払い金請求をすることでクレジットカードが使えなくなるといったリスクもあるので、手続き前にどのようなリスクがあるのか、リスクを回避して過払い金請求をする方法について紹介します。

目次

過払い金請求できるクレジットカードの条件

2010年までにクレジットカードのキャッシング(借入)を利用したことがある

クレジットカード会社などの貸金業者が契約者に貸し付ける上限金利は法律で定められています。定められた上限金利は利息制限法が20%なのに対して、出資法は29.2%で、多くのクレジットカード会社は契約者に出資法の上限金利である29.2%で貸し付けしていました。

2010年6月、最高裁判所において「上限金利は20%」と判決がでたので利息制限法と出資法の上限金利の差であるグレーゾーン金利が払い過ぎていた利息、つまり過払い金となって、クレジットカード会社に返還請求できるようになりました。

そのため、2010年6月以前にクレジットカードを使っていた人は、過払い金を請求する可能性があります。クレジットカードの返済方法によらず、過払い金が発生する可能性があります。リボルビング払いは、毎月の返済額が変化する「残高スライド方式」と、定額返済「定額方式」があります。一括払いよりもリボルビング払いの方が返済期間が長いため、利息を多く支払うため、過払い金が多くなる可能性があります。

カード会社によって請求の有無や期間、手続きがちがう

過払い金請求については、お使いのクレジットカード会社によって、返還率や手続き期間が異なります。利用中のクレジットカード会社で過払い金請求を行うことができる可能性は高いですが、他の会社にも過払い金請求が可能です。自分に過払い金があるか、どの程度あるかを確認するためには、まずは過払い金についての相談を行うことをおすすめします。

今はないカードも請求できる場合がある

クレジットカード会社の中には他の会社に吸収合併した会社があります。吸収合併しても吸収したカード会社に対して過払い金請求をおこなうことで過払い金を取り戻すことができます。

吸収されたクレジットカード会社吸収したクレジットカード会社
ゼロファーストエポス
オーエムシーカード・セントラルファイナンス・クオークセディナ
日本信販・UFJカード・ディーシーカードニコス
過払い金の発生条件をもっと詳しく

過払い金請求できないクレジットカードの条件

ショッピング機能しか使っていない

クレジットカードでキャッシング(借り入れ)機能を使っておらず、ショッピングだけ使用している場合は過払い金が発生しません。ショッピングで支払うお金は「立て替え金」であり、「貸し付け金」ではないからです。「立て替え金」で発生する余剰分は利息ではなく、分割手数料のため、過払い金の対象になりません。

最後の取引から10年以上経過している

2010年以前にクレジットカードを利用した場合、過払い金請求が可能ですが、最後に手続きをした日から10年が経過すると時効が成立し、請求ができなくなります。取引履歴を確認することで最後に手続きをした日を確認することができます。過払い金請求の時効については個人では判断が困難なため、専門家に相談することをおすすめします。

過払い金請求するクレジットカード会社が存在しない(倒産している)

クレジットカードを使って貸してもらったお金が返済期間中に多く支払われることがあり、それを過払い金と言います。もし、過払い金がある場合は、それを返還する請求を出すことができます。しかし、クレジットカード会社が倒産している場合は、過払い金を請求することはできなくなります。また、過払い金を請求することで会社が経営上の問題を抱えることもあるので、早めに請求することをおすすめします。

クレジットカード会社に過払い金請求するリスクとリスクを回避する方法

過払い金請求をした会社のクレジットカード会社が利用できなくなる

過払い金請求は過払い金を取り戻すために重要な手段ですが、請求したクレジットカード会社から以後使用できなくなる可能性もあります。これは、請求をしたことでクレジットカード会社内のブラックリストに載せられるためです。

これにより、今後そのクレジットカードを利用することができなくなったり、審査が厳しくなる可能性があります。ただし、その他のクレジットカード会社には影響はなく、使用することができます。請求する前に、それが影響を及ぼすかどうかを考慮することが重要です。事前に他のクレジットカードを作成することもできます。

借金が上回ればブラックリストに載る

過払い金請求は、貸金業者から過払った利息を返還することができるという利点がありますが、その反面、貸金業者からのブラックリストに載ることもあります。

ブラックリストに載ると、今後の借り入れやクレジットカードの審査が厳しくなり、それまで使用していたクレジットカードも使用できなくなる可能性があります。しかし、ブラックリストに載っても一生その状態が続くわけではありません。

手続きをしてから5年が経過すると、クレジットカードの審査は比較的楽になります。また、ブラックリストに載っている間には、代わりに使用できるサービスもありますので、過払い金請求だけでなく、任意整理を選ぶことで、現在の生活をより豊かにすることができるかもしれません。

ブラックリストを避ける方法

  • 過払い金請求よりも、ショッピングやキャッシングの利用残高を少なくする
  • 過払い金請求の対象となっているクレジットカード会社だけを選んで請求する

過払い金請求よりも、ショッピングやキャッシングの利用残高を少なくする

過払い金請求をする前に、ショッピングで使ったお金が過払い金よりも多いか調べましょう。もし、過払い金よりもショッピングで使ったお金が多い場合は、その分だけ使ったお金を減らすことができます。また、弁護士や司法書士に頼むことで、過払い金をもっと取り戻すことができるかもしれません。こうすることで、過払い金を減らし、ブラックリストに載ることもなくなります。

過払い金請求の対象となっているクレジットカード会社だけを選んで請求する

ショッピング利用やキャッシング利用をして残高がないクレジットカード会社だけを選び、過払い金請求をおこなえば、借金を減らす任意整理の手続きを回避することができます。回避できればブラックリストに載ることはありません。複数の会社のクレジットカードを同時に利用しているときはショッピングとキャッシングの残高を確認するようにしましょう。

クレジットカード会社に過払い金請求をする流れ

STEP
取引履歴を請求する
STEP
引き直し計算をおこなう
STEP
過払い金返還請求書を送付する
STEP
和解もしくは裁判をして過払い金を返還してもらう

クレジットカード会社に取引履歴の開示を請求する

クレジットカードを使って借りたお金の詳細(いつから借りたか、いつまで返したか、金利は何パーセントだったか、どれくらい返したか)を知るためには、クレジットカード会社から取引履歴を取り寄せる必要があります。ただし、自分で取り寄せる場合は、弁護士や司法書士が取り寄せる場合に比べて、後回しにされることがあるため、注意が必要です。

過払い金がどれくらいあるか計算する

利息制限法の上限金利に合わせて引き直し計算して、過払い金の金額を正確に算出します。

自分で過払い金の引き直し計算をする場合、1円でも間違えると、過払い金が少なくなったり、過払い金請求自体を断られるリスクがあります。計算が難しい場合は司法書士や弁護士に依頼することをおすすめします。

過払い金返還請求書と引き直し計算書を送る

クレジットカード会社に過払い金返還請求書と引き直し計算書を送付します。

任意交渉または裁判(訴訟)をして解決する

過払い金請求は最初は話し合い(任意交渉)をすることで解決することができますが、話し合いで解決できない場合は法的手続きが必要になります。そのときは、自分で過払い金請求をするか、専門家に依頼するかの選択肢があります。

自分でやる場合は手続きをすべて自分で行う必要がありますが、専門家に依頼する場合はすべて代行してくれます。過払い金請求をする際には、自分でやるか専門家に依頼するかを検討し、選択することが重要です。

クレジットカード会社に過払い金請求する前に知っておくべきこと

銀行の口座残高を確認しておく

過払い金請求をする時には、まずクレジットカード会社に「過払い金請求の手続きを開始する」と通知し、返済をストップしてもらうことが必要です。そして、借り入れしたときの金利・金額・日付、そして返済した金額・日付が記載された取引履歴をクレジットカード会社からもらうことが重要です。このデータをもとに、過払い金を計算します。

ただし、口座残高をすべて使ってしまっている場合、クレジットカード会社が引き落としをストップするのが間に合わなくなり、借金が返済されてしまう可能性があるので、銀行の口座残高を残しておくことが大切です。

クレジットカード払いの設定を変更しておく

スマホの利用料金や公共料金、保険料、その他サービスの支払いにクレジットカードを登録して決済をしている場合は、クレジットカードが停止すると支払いが未払いになってしまいます。未払いになると当然のことながら利用サービスは停止してしまいますし、利用料の請求に事務所手数料が上乗せされる場合もあります。

債務整理をする前に支払い方法を銀行引き落としやコンビニ支払いなどに変更して対応するようにしましょう。

クレジットカードと過払い金の関係によくある質問

クレジットカードにも過払い金は発生するの?

クレジットカードの利用でも過払い金が発生する可能性があります。正しくはクレジットカードにある「キャッシング機能を利用したことがある人」は過払い金の対象の可能性があるということになります。詳しい発生条件については「請求条件」をご確認ください。

クレジットカード会社に過払い金請求する方法は?

クレジットカード会社に過払い金請求する前に自分が過払い金がいくらあるのかを確認する必要があります。手始めにクレジットカード会社に対して今までの利用歴が分かる取引履歴の開示請求をする必要があります。一連の流れについては「クレジットカード会社に過払い金請求する流れ」をご確認ください。

  • URLをコピーしました!
目次