過払い金請求後にローンを組む方法と組むときの注意点

過払い金請求後にローンを組む方法と組むときの注意点

返済中の借金に過払い金が発生した場合、過払い金を取り戻すことで借金を完済できる可能性があります。

しかし、過払い金請求をした後にローンを組む場合は、審査が通りにくくなる可能性もあるため注意が必要です。

この記事では、過払い金請求をしてもローンが組めるケースや、過払い金請求後にローンを組む方法について、さらに信販会社や保証会社などの特殊な場合についても解説します。

目次

過払い金請求をしてもローンが組める

借金を完済してから過払金請求をする、借金を返済中に過払金請求をして、発生した過払い金で借金を完済することで、信用情報機関(ブラックリスト)には載らないので、過払金請求をしても住宅ローンや自動車ローンを組むことができます。

過去には過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまい、住宅ローンや自動車ローンが困難になることがありましたが、2010年4月19日以降、過払い金請求をしてブラックリストに載ってしまった情報は削除されるようになりました。

そのため、過払金請求をしてもローンを組むことへの影響はなく、住宅ローン、自動車ローン、教育ローンなどを組むことができます。

ただし、過払い金請求をした貸金業者からのあらたな借り入れはできなくなるので、あらたな借り入れをしたい場合は、過払金請求をしていない別の貸金業者を利用する必要があります。

過払い金請求をしても返済中の住宅ローンに影響はない

過払い金請求をしても返済中の住宅ローンには影響がありません。

過払い金を取り戻すことで、毎月の住宅ローンの返済に充てることができます。

ただし、過払い金請求には時効があり、最後に取引した日から10年を過ぎると過払い金請求ができなくなります。過払い金が発生している可能性がある場合は司法書士や弁護士に相談をしてはやめに請求することが重要です。

過払金請求後にローンを組む方法

完済した借金の過払い金請求をする

完済した借金の過払い金請求をしても住宅ローンや自動車ローンの審査に影響はないとされています。

ただし、過払い金請求をするためには返済に充てるお金を用意する必要があります。また、完済するまで住宅ローンが組めないというデメリットがあります。

返済中の借金を過払い金で完済する

返済中の借金の過払い金請求をすることで、取り戻した過払い金を借金の返済に充てて完済することができる可能性があります。

しかし、過払い金の額よりも借金の残債のほうが多い場合は借金が残ってしまい、任意整理という手続きになるので、ブラックリストに載るリスクもあります。

過払い金で返済中の借金を完済できる場合のみ、過払い金請求をしてもローンを組むことができますが、なるべく過払い金請求とローンの審査を同時にしないようにしましょう。

貸金業者によっては、過払い金で返済中の借金を完済できる場合でも一時的にブラックリストにの載る可能性があるので、ローンを組みたい人は過払い金請求とローンの審査のどちらかを終わらせてから残った方の手続きをする必要があります。

過払い金請求後にローンを組むときの注意点

返済中の借金を完済できないケース

取り戻した過払い金で返済中の借金を完済できれば、過払い金請求をしてもブラックリストに載らないのでローンを組むことができます。

しかし、取り戻した過払い金で返済中の借金を完済できず、借金が残ってしまうと任意整理となるのでブラックリストに載ります。任意整理をしてブラックリストに載ると、およそ5年間は貸金業者からあらたな借り入れをすることや、ローンを組むことができなくなります。

ブラックリストに載らないようにするためには、取引履歴から過払い金の引き直し計算をして、借金の残債と発生する過払い金の額を正確に算出することが大切です。

引き直し計算は、エクセルや無料の計算ツールを使って自分でおこなえますが、計算を間違える可能性があります。正確な金額でないと予想よりも過払い金が少なくて、ブラックリストに載ってしまうリスクがあるので、司法書士や弁護士といった専門家に依頼するべきでしょう。

クレジットカードのショッピングの支払いがあるケース

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠といった2つの利用枠があります。

キャッシング枠は、借り入れとされるので過払い金請求の対象になりますが、ショッピング枠は、あくまでもクレジットカード会社が立て替えている「立替金」なので、過払金請求の対象ではありません。

キャッシング枠に対して過払い金請求をして、取り戻した過払金をショッピング枠の返済にあてます。ショッピング枠の支払い残高よりも、取り戻した過払い金が多ければ、借金を完済して差額を手元に残すことができますが、少なければ任意整理をすることになるので、ブラックリストに載ります。

ブラックリストに載らないようにするためには、クレジットカードのショッピング枠の支払い残高を減らして、取り戻せる過払い金の額よりも少なくなってから過払い金請求をするべきです。

信販会社で自動車ローンを組んでいるケース

自動車ローンをあつかっている信販会社があります。

たとえば、完済したキャッシング枠に対して過払い金請求をする場合に、信販会社があつかっている自動車ローンを契約していると、取り戻した過払い金を自動車ローンの返済にあてることになります。

自動車ローンの返済残債を過払い金で完済できれば、車を所持しておくことができて、ブラックリストに載りません。さらに、自動車ローンの返済をして余った過払い金を、手元に残しておくことができます。

ただし、過払い金で自動車ローンを完済できなければ、車を信販会社に没収されて、さらにはブラックリストに載ることになります。

また、過払い金請求をした信販会社ではローンの審査が通りにくくなるので、過払い金請求をした後に自動車ローンを組む場合は、ローンの契約先に注意しましょう。

自動車ローンがある信販会社

オリコ、アプラス、イオン、セディナ、ジャックス、オリックスクレジットなど

保証会社が貸金業者のカードローンから借り入れがあるケース

カードローンの保証会社になっている貸金業者があります。

カードローンの返済を延滞・滞納をしている場合や、過払い金請求をする貸金業者とカードローンのどちらも返済中の場合には、過払い金請求をするときに影響を受けることがあります。

カードローンの保証会社になっている貸金業者は、借主がカードローンの返済を延滞・滞納したときに、「代位弁済」をします。

代位弁済は、保証会社である貸金業者が借主の代わりに支払うもので、代位弁済された金額は保証会社である貸金業者から借主に請求をされます。

たとえば、アコムはバンクイックの保証会社です。バンクイックへの返済を延滞・滞納すると、保証会社であるアコムが、借主に代わってバンクイックへ代位弁済をします。

アコムが代位弁済した金額を支払う必要があるので、アコムで過払い金が発生したとしてもバンクイックへ代位弁済した金額の支払いに充てられるので、代位弁済の金額よりも過払い金が少ない場合は、不足分をアコムに支払わなければなりません。

この場合は、任意整理をしてブラックリストに載ることになり、ローンを組むことができなくなるので注意が必要です。

合併先の貸金業者から借り入れがあるケース

貸金業者は、経営状況が悪化して他の貸金業者と合併していることがあります。

合併先の貸金業者で借り入れがあって返済中の場合、合併前の貸金業者から取り戻した過払い金を合併先への返済にあてる必要があります。そのため、取り戻した過払い金が返済中の借金よりも少ないと任意整理の扱いになってしまうので、ブラックリストに載ります。

過払い金請求をするときは、過払い金請求をする貸金業者が他の貸金業者と合併していないか注意してください。予期せぬところで過払い金請求がローンに影響して、ローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンや自動車ローンを組む審査のポイント

住宅ローンや自動車ローンを組むときには、審査材料として信用情報機関に掲載されている個人信用情報を参照することがほとんどです。

信用情報機関に事故情報が登録されている、いわゆるブラックリストに載っている状態では、ローンの審査を通過することがむずかしいです。

しかし、住宅ローンや自動車ローンといったローンの審査には、現在の年収や雇用形態、勤務先、勤続年数といった職業に関する内容や、健康状態、家族構成、結婚歴、世帯年収、持ち家の有無といった個人の属性を審査の対象に含めることがあります。

ローン契約はさまざまな情報をもとにして審査をして、契約後のローンの返済ができるかどうかを判断しています。

過払い金請求をしてもブラックリストにのることはないので、信用情報が原因でローンの審査に影響することはありません。しかし、個人の属性や借入時の年齢が影響してローンの審査に落ちる可能性があります。

ブラックリストに載る不安をいだく前に、まずは自分に「過払い金があるのか」、「借金がどのぐらい減らせるのか」を知っておくべきでしょう。

過払い金請求後にローンを組む方法によくある質問

過払い金請求はローンに影響する?

過払い金請求をしても返済中の住宅ローンには影響がありません。過払い金を取り戻すことで、毎月の住宅ローンの返済に充てることができます。詳しくは「過払い金とローンの関係」をご確認ください。

過払い金請求するとローンに影響が出るって聞いた

取り戻した過払い金で返済中の借金を完済できず、借金が残ってしまうと任意整理となるのでブラックリストに載ります。そのため、今後組むローンに影響が出てきます。詳しくは「過払い金請求するときに気を付けるポイント」をご確認ください。

  • URLをコピーしました!
目次