返済中に過払い金請求をすると起きるデメリットを回避する方法

返済中に過払い金請求をすると起きるデメリットを回避する方法

過払い金とは、借り入れする時に貸し出した金額よりも多く返済した金額のことです。

返済中に過払い金を請求するときに、借金を完済できる場合はデメリットなく過払い金を取り戻すことができますが、完済できない場合はブラックリストに載ってしまいます。ブラックリスト乗れば、利用していたクレジットカードが使えなくなったり、約5年間ローン審査が通りにくくなるといったデメリットが生じます。

過払い金請求をするときに貸金業者ごとにどれくらい借りていたのか、過払い金がいくら発生しているのかを確かめて慎重に請求先を選べばデメリットを回避できる可能性があります。

本記事では返済中の人が過払い金請求をした時に起こるデメリットとデメリットを回避する方法を解説しています。

目次

過払い金請求を返済中にすると起きるデメリット

返済中に過払い金を請求する場合、過払い金がどの程度かによって結果が異なります。自分が返済状況や過払い金の金額を調べることで、借金を完済できるかどうかを確認してから過払い金請求をすることが重要です。

借金を過払い金で相殺や完済できない場合

ブラックリストに載る

ブラックリストとは信用情報機関に事故情報が載るということになります。ブラックリストに載るとクレジットカードがつくれなくなったり、ローン審査が通りにくくなるといったデメリットがあります。

借金をしており、過払い金請求をおこして、払いすぎた利息分で借金が返せないときは、任意整理をした扱いになりブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストに載ると5年程度は借り入れやクレジットカードの作成、ローンの利用ができなくなります。

延滞や延滞をしたことがあるなら既にブラックリスト入りの可能性あり

任意整理(過払い金請求も起こして借金を減らし、将来の利息分もカットすること)をするとブラックリストに入ってしまうリスクがありますが、そもそも現在借金をしていて返済に遅延が生じたり、延滞をしている場合、任意整理の実施に関係なくブラックリストに入っている可能性があります。

ブラックリストに入っているならすぐにでも任意整理をおこなって借金を3年~5年で完済できるように取り組むべきです。任意整理は毎月の借金を減らすことができるので、借金苦で苦しんでいる方は生活がかなり楽になります。

今組んでいるローンには影響がない

過払い金請求をして借金を返済しきれないと、任意整理となり、ブラックリストに載ってしまい、今後のローン審査ができなくなる可能性があります。しかし、任意整理をおこなったときに既に組んでいる住宅ローンには影響がありません。

返済中でも過払い金請求をした方が良いメリット

過払い金によって借金をなくせる

返済中の借入金を過払い金が超えていれば、借金をなくすことができます。完済できるのであればブラックリストに入ることはありません。そのため、デメリットはほぼないといえます。

過払い金請求元のサービスは使えなくなる

過払い金請求をした会社の借り入れやクレジットカードは借金の返済の有無に関係なく、使えなくなります。そのため、借金がなくなったあとに新たな借り入れをしようとしてもできなかったり、その後カード再発行の申請をしても断られる可能性があります。

他の会社からの借り入れやクレジットカードの作成はできるので、クレジットカードが欲しい人は別の会社で申し込みをおこないましょう。

貸金業者とクレジットカードの合併に注意

過払い金請求をしている貸金業者がクレジットカード会社に吸収合併されている場合、吸収先のクレジットカードが利用できない場合があります。例えば、エポスカードはゼロファーストと合併しています。ゼロファーストで借りていたお金に関する過払い金を吸収先のエポスカードに過払い金請求をおこなうと、エポスカードの借り入れやクレジットカードが作れなくなる場合があります。

返済中でもデメリットを回避して過払い金請求する方法

過払い金請求する業者を選択する

過払い金請求は一斉に業者に対しておこなうものではありません。そのため、過払い金請求をして借金を相殺できる業者、借金を完済して手元に払いすぎた利息を残すことができると分かっている業者のみに絞って過払い金請求をおこなえば、任意整理にはならず、ブラックリストに載ることを回避できます。

借金を相殺できるようになったら過払い金請求する

借金を相殺することができれば過払い金請求をしても任意整理にはならず、ブラックリストに載ることはありません。相殺できるタイミングまで待つ、もしくは完済してから過払い金請求をすればブラックリストに入らず手元に払いすぎた利息を残すことができます。

しかし、現状の借金を早く返したい、既に滞納や延滞を繰り返している場合は、ブラックリストに載っている可能性があるため、任意整理をおこなって借金を完済できる道筋を立てた方がよいです。

過払い金請求をする前に注意すべきポイント

貸金業者のショッピング枠を利用しているか確認しておく

貸金業者でショッピング枠がある場合、過払い金をショッピングに充当することになります。過払い金がショッピング枠より多ければお金が返ってきますが、少なければ毎月の返済額を減らす任意整理になり、ブラックリストに入る可能性があります。ブラックリストに入ってしまうと、新しい借り入れやカードの作成、ローンを組む審査が困難になります。

過払い金請求をする時はカードローンの保証会社も確認しておく

カードローンの保証会社が貸金業者になっている場合があります。保証会社は、借主が返済できなくなった場合に代わりに返済をおこないます。

借り入れを行っている会社がA社、B社とあり、A社がB社の保証会社だった場合、過払い金請求すると代位弁済といってA社とB社の過払い金と借金を合わせて相殺するといった処理が発生します。

最終的に借金がなくなれば良いのですが、なくならなかった場合、保証会社であるA社に借金の返済をおこなっていくということになります。

過払い金請求するときは、依頼する司法書士や弁護士にどこから借りたのかを全て伝えないと請求に影響が出るので要注意です。

返済中に過払い金請求をするときによくある質問

返済中に過払い金請求をするとどうなる?

借金をしており、過払い金請求をおこして、払いすぎた利息分で借金が返せないときは、任意整理をした扱いになりブラックリストに載ってしまいます。ブラックリストに載ると5年程度は借り入れやクレジットカードの作成、ローンの利用ができなくなります。詳しくは「相殺や完済ができない場合」をご確認ください。

返済中に過払い金請求するリスクを回避する方法はある?

過払い金請求でブラックリストを回避する方法はあります。請求先の業者を選定したり、借金を過払い金で返済できる見込みがある場合は過払い金請求をしてもデメリットを背負うことはありません。

  • URLをコピーしました!
目次