債務整理と自己破産の違いと自分にあった手続きを選ぶポイント

債務整理と自己破産のちがいと自分にあった手続きを選ぶポイント

債務整理は、借金問題を解決するための手続きの総称で、個人再生、自己破産、任意整理、特定調停の4種類です。

その中でも任意整理は、裁判所を通さずに貸金業者と直接交渉することで返済プランを立てる方法で、検討する人の数も多いことから、債務整理というと任意整理のことを指しているととらえる人も少なくありません。

任意整理と自己破産は財産や保証人への影響やかかる費用といった違いが多数あるので、2つの違いを理解し、自分にあった手続きをしないと損してしまいます。

目次

自己破産は借金をゼロにできる

自己破産は、裁判所に申し立てをおこない借金の返済義務を免除してもらう手続きです。

破産法に則って進められる手続きなので、任意整理とは違い貸金業者は必ず応じなくてはなりません。

裁判所を通す手続きなので、手間や時間がかかり、司法書士・弁護士や裁判所へ支払う費用も発生しますが、借金をなくして生活を楽にできます。

任意整理は借金を減らせる

任意整理は、毎月の返済額を少なくし、自宅や車のローンは除外して手続きできるといったメリットがたくさんあります。

和解の成立には、一定の収入や和解後に返済額を支払い続けられるかといったような条件があります。

自己破産と任意整理の比較

裁判所での手続きの有無

自己破産は裁判所に申し立てが必要です。任意整理は債権者との交渉によって借金の負担を軽減させる手続きなので裁判所での手続きは不要で最も手軽です。

ブラックリストに載る期間

自己破産も任意整理も債務整理方法はすべて「事故情報」扱いになり、手続き後はブラックリストに載った状態となりますが、信用情報機関の種類で記録が残る年数が変わります。

任意整理はJICCのみ記録が残りますが、自己破産は信用情報機関3つすべてで記録が残ります。

信用機関の種類と年数の違い

信用情報機関自己破産任意整理
JICC5年5年
CIC5年掲載なし
KSC10年掲載なし

官報への掲載

自己破産は、国の発行する官報に名前と住所が記載されてしまいます。しかし、官報を一般の人が見ることはほとんどないため、心配されるほど知人に知られる可能性は低いです。

家族への影響の有無

自己破産をする場合はマイホームを処分しなくてはいけないので、同居家族への影響があります。任意整理では財産の処分をする必要はないので影響はありません。

仕事への影響の有無

債務整理を理由にした解雇は不当解雇になるので、債務整理が会社にバレても、自己破産等を理由にクビにはなりません。しかし、自己破産の場合は一部の職業や資格は自己破産の手続き中は制限されます。

保証人への影響の有無

債務整理後に任意整理では保証人に請求がいくことはありませんが、自己破産では保証人がついた借金があれば、保証人に返済する義務があります。

手続きの費用相場の違い

任意整理は裁判所に申し立てをする必要がないため、裁判所への費用が発生しません。借入先が多いと費用は高くなり、任意整理の費用は1社あたり3万円~5万円程度です。

自己破産は手続きする貸金業者が何社あっても変わりませんが、裁判所を通す手続きにより予納金が発生するので、任意整理よりも高額な費用になることがほとんどです。

手続きにかかる期間

自己破産をする場合は、準備する書類の数も多く複雑なため時間がかかるので、できる限り手続きがスムーズに進むよう書類を早めに用意しましょう。

  • 自己破産・・・6か月~1年程度
  • 任意整理・・・3か月~6か月程度

借金の減額幅

自己破産は借金がゼロになり、返済負担がなくなります。任意整理は月々の支払いは軽くなりますが手続きしたあとも支払いは続きます。

財産の処分の有無

自己破産は、車や持ち家といった20万円以上の価値のある物財産は処分の対象ですが、任意整理は基本的に財産を処分する必要はありません。

任意整理と自己破産のどちらが向いているか

任意整理を個人で手続きしようとすると、任意整理に応じない貸金業者もいるので失敗しやすいですが、司法書士・弁護士に依頼すれば、ほぼ成功します。

自己破産も個人で手続きしようとすると全額ゼロにならないなど失敗することが多いですが、司法書士・弁護士に依頼すれば高い確率で成立します。

どちらの手続きも司法書士・弁護士に依頼した方が成功の確率は高くなるので、専門家に相談することをおすすめします。

自己破産の場合、免責が認めてもらえないと手続きがむずかしくなりがちですが、ギャンブル・浪費といった原因の借金であっても、状況により裁判所に免責を認めてもらえることはよくあるので一度相談してみましょう。

任意整理は借金がそこまで多くない人向け

任意整理は毎月の返済額を少なくできる、自宅や車のローンがある場合は除外して手続きできるといったメリットがたくさんあります。

しかし、和解を成立させるためには一定の収入や和解後の返済額が支払い続けられる額かといった条件があります。

自己破産は借金が多すぎて返済のめどが立たない人向け

自己破産は、借金が膨大になり、任意整理をしても返済が楽にならないような場合に向いています。自己破産は借金をゼロにして、生活を立て直すことが可能です。

債務整理と自己破産の違いによくある質問

自己破産はどんな人に向いている?

自己破産は、借金が膨大になり、任意整理をしても返済が楽にならないような場合に向いています。自己破産は借金をゼロにして、生活を立て直すことが可能です。任意整理か自己破産かで迷っている人は「任意整理と自己破産のどちらが向いているか」をご確認ください。

自己破産が向いてない人はどんな人?

一定の収入がある人は自己破産ではなく、任意整理がおすすめです。任意整理は毎月の返済額を少なくできる、自宅や車のローンがある場合は除外して手続きできるといったメリットがたくさんあります。

  • URLをコピーしました!
目次