過払い金トラブルを防ぐ弁護士・司法書士の選び方

過払い金トラブルを防ぐ弁護士・司法書士の選び方

過払い金請求は貸金業者に対して払いすぎた利息を請求する権利を実行することですが、過払い金がいくらあるかの計算や交渉、裁判といった手続きが難しいため、専門家である司法書士や弁護士に依頼するのが得策です。

しかし、司法書士や弁護士も仕事のため、請求を代理でおこなうときに成功報酬や着手金を依頼者からもらわなければいけません。そんな中、「悪徳」と言われる司法書士や弁護士は過払い金請求の難しさを逆手にとって依頼者が起きえるリスクを説明せずに話を進めたり、依頼費用をぼったくる事務所が存在します。

過払い金が手元に戻ってくるときに明細書も届きますが、明細書を読んでも全てが細かく認識できる依頼者はほとんどいないでしょう。そうなると自分が被害にあっているのか気づくこともできない可能性があります。

過払い金請求をしてトラブル合わない、巻き込まれないように事前にどのようなトラブルが考えられるのか確認しておく必要があります。この記事では実際に起きたトラブルを踏まえて悪徳事務所を選ばない正しい司法書士や弁護士を選ぶポイントについて解説しています。

目次

過払い金請求を依頼して起きるトラブル

司法書士や弁護士に会えず受付が対応

過払い金トラブルを解決するために、弁護士や司法書士に相談することを考える方は多いでしょう。もし事務員のようなスタッフしか電話に出てこない場合は、専門家に席を変わってもらうように要望をすることをおすすめします。

電話での相談のときに、電話を代わってもらえない場合は、その法律事務所が信頼できるところかを疑うべきでしょう。 なぜなら、過払い金請求についての相談は、弁護士や司法書士にしか乗れないため、無資格のスタッフに任せている法律事務所は、将来の依頼するときに誠実な対応をすることができない可能性が高いからです。

実際に事務所に訪れても事務員しか対応してくれない

過払い金の相談を電話やメールで申し込み、実際に事務所に訪れても事務員しか出てこなかったという体験をされている方がいます。

「多くの仕事をしており、忙しくて今参加できないので代わりにお話を聞かせてください」といった相談者の訪問してくる予定に合わせてスケジュールを合わせられない司法書士や弁護士は悪徳事務所である可能性が高いです。

相談者が突発的に訪問したのなら本当に対応できない場合がありますが、その時は別日の案内や追って連絡をする旨を伝えてくるはず。そうではなく、司法書士や弁護士を気取った事務員がアドバイスなどをしはじめる事務所はトラブルが生まれる可能性が高いです。

法律家以外のアドバイスは素人の会話と変わらないため、法的根拠がありません。また、過払い金請求をする権限も持ち合わせないので、知り合いと一緒に自分で過払い金請求をするようなものです。

過払い金請求の流れを確認する

電話や訪問で事務員しか出てこなかった場合は過払い金についてではなく「過払い金請求で必要なこと」について聞くようにしましょう。

過払い金請求を対応してもらうときの全体の費用、どこからお金がかかるのか、誰が対応するのか、司法書士や弁護士に会う機会はあるのか、請求はどのように進めてどのように教えてくれるのかといったことを聞き、必ずメモか録音をしておきましょう。

確認すべきこと
  • 請求に必要な費用について
  • 誰が対応するのか?司法書士や弁護士に会えるのか
  • 請求がどのように進んでいるか確認する方法
こちらも読まれています

かかる費用の全体説明がない

過払い金請求にはお金がかかります。

着手金や手数料、成功報酬、裁判にかかる経費などが必要になります。

「着手金無料」無料といううたい文句には注意が必要で、着手金無料の事務相は着手金を取らない代わりに過払い金返還に応じて発生する「成功報酬金」の割合が高く設定されている場合があります。

しかし、成功報酬は戻ってきた過払い金の金額の割合に応じて支払われるものなので、過払い金の額によっては着手金という固定費でない方がよい場合があります。

ここで一番の問題なのは、成功報酬の割合や着手金の金額を明確にしていない事務所です。金額をうやむやにしている事務所は最終的な清算で多大な成功報酬を要求してくる可能性があります。

どこから費用がかかるのか確認する

過払い金請求をするときは、相談料無料や着手金無料といった言葉をよく見かけます。しかし、過払い金請求はタダではおこなわないので、どこから費用が発生し、どれくらいの費用が最終的にかかるのか説明をしてもらいましょう。

成功報酬を確認する

成功報酬は日本司法書士会連合会、日本弁護士連合会で上限を定めており、「話し合いで解決した場合は、取り戻した過払い金の合計額×20%」、「裁判で解決した場合は、取り戻した過払い金の合計額×25%」となっています。 裁判をしない場合には20%、裁判をする場合には25%を目安としてお考えください。

成功報酬は日本司法書士会連合会、日本弁護士連合会によって上限が決められています。

  • 話し合いで解決した場合は、取り戻した過払い金の合計額×20%
  • 裁判で解決した場合は、取り戻した過払い金の合計額×25%

そのため、それ以上の成功報酬を要求してくる事務所には注意が必要です。これは大きな事務所、小さな事務所関係なく、費用についてきちんと把握しておく必要があります。

過払い金請求の進捗状況が明確ではない

司法書士や弁護士に過払い金の依頼をすれば、依頼者はほとんど何もすることなく過払い金請求を行うことができます。

依頼者にとっては難しいことを考えず、手元にお金が戻ってくるので大きなメリットといえます。しかし、司法書士や弁護士からどのように進んでいるのか、いつ交渉が終わるのか教えてもらわない限り、本当に自分の手元にお金が戻ってくるのかも分からなくなります。

もし、着手金を支払っている事務所の場合、着手金の”もらい逃げ”の被害にあってしまうかもしれません。そうならないためにも、進捗状況をどのように確認できるのかを事前に聞く必要があります。

1年近く進んでいるかの連絡がない

1年以上、過払い金請求をして状況が変わらない場合、その事務所に力がないか、悪徳事務所に依頼してしまったという可能性が高いです。

こちらの記事もおすすめ

相談者の足元を見て依頼を受けている

少額の過払い金と分かったら冷たくされる

悪徳な司法書士や弁護士事務所は過払い金が少額と分かった時点で対応が冷たくなり、適当な対応をされた経験のある人が多く存在します。

同時に高額な過払い金が見込まれる案件があった場合、そちらを優先されて対応が後手に回されてしまうトラブルも少なくありません。中には対応が適当になることで、依頼者の境遇にあったリスクの説明がないといったことにもつながりかねません。

取り戻した実際の過払い金と報告内容がちがう

過払い金請求をして実際に手元に過払い金が返金されると、依頼した事務所から「成功報酬額」「過払い金の回収率」「切手代等の書類作成事務手数料といった実費」が書かれた明細書を受けとることになります。

しかし、きちんと管理できない事務所は明細書を発行してくれなかったり、明細書の中身が分かりづらい、項目が少なすぎて詳細が分からないといったことがあります。明細が不明瞭であれば、依頼者の手元に残る金額が実際より少なくなっている可能性も捨てきれません。

過払い金請求は専門性が高いゆえに、不正に利益を取る悪職事務所も存在します。

契約時されていた説明(リスクやメリット)が実際と違う

司法書士や弁護士事務所に相談をもちかけたときに、契約の欲しい事務所は実際にできないことをできると言ってしまうことがあります。代表的な例が「戻ってくる金額」です。

依頼者は多額な過払い金が戻ってくるならその事務所にお願いしたくなるのが普通ですが、実際に依頼してみたら、相談時の金額の半分以下だったというケースもあります。

単に担当した司法書士や弁護士に力がなかったか、契約が欲しいためのウソだったのか、それとも着服して過払い金をごまかしているのか、真実は結果を調査してみないと分かりません。しかし、調査するにもお金と時間がかかりますし、真実が出ない可能性の方が高いので泣き寝入りするしかなくなります。

ブラックリスト(信用情報)に載ってしまった

過払い金請求という行為はブラックリストに載ることはありません。しかし、借金をしており、過払い金請求をしても借金を返しきれない場合はブラックリスト(信用情報)に載ってしまいます。

ブラックリストに載るか載らないかについては、過払い金がどれくらいあるか調査した専門家なら分かるリスクです。リスク説明をしない事務所は自分の利益しか考えていないので非常に危険です。少額の過払い金請求のために5年ものあいだブラックリストに載ってしまい生活が逆に苦しくなったという例も少なくありません。

過払い金を勝手に和解されて金額が減った

自分の利益を優先する司法書士や弁護士事務所は過払い金請求を多くおこない、着手金や手数料で手っ取り早く稼ぐことをする傾向にあります。満額で取り返すには裁判(訴訟)が必要になることがほとんどですが、半年以上時間がかかります。事務所にとってはコスパが悪いので和解をすすめてくるわけです。

裁判(訴訟)で進めてほしいと要望しても「裁判(訴訟)には時間がかかるため、その間に倒産したらお金を取り戻せなくなる」と言ってくるケースもあります。

依頼に反して和解で話を進めてしまう

裁判(訴訟)で進めてほしいという依頼を無視して和解するケースがあります。任意交渉の和解は、お金がはやくもどってきますが、実際に手元に残るお金は裁判(訴訟)のときの半分以下になるケースもあります。

相談に行っただけなのに契約させられた

過払い金の無料相談に言っただけなのにその場で判子を押すことになった契約になってしまったというケースがあります。契約を迫られたら一度出直して来ますと言って離籍するようにしましょう。

司法書士・弁護士事務所選びで気をつけるポイント

和解することを前提に話を進めてくる

任意交渉で和解すると早いと3か月~5か月で過払い金が戻ってきます。しかし、任意交渉の場合、戻ってくる過払い金の金額が満額になる可能性は低く、本来戻ってくるはずの半分程度にしかならないというケースもあります。

和解を前提に話を進めてくる司法書士や弁護士は利益ばかりを考えている可能性があり、自身がブラックリストに載ってしまったり、戻ってくる過払い金が非常に少なくなるといった不利益が生じるリスクがあります。

リスクの説明がなく良い話しかしない

「過払い金がいくら戻ってくるか」とお金の話を中心におこない、請求したときの依頼者に降りかかるリスクの説明をしない事務所には気を付けた方がよいでしょう。

例えば、依頼者が現在、120万円の借金をしており、30万円の過払い金が発生していることが判明しているとします。30万円が戻ってくるなら借金が楽になるのは事実ですが、過払い金請求を起こして借金が返せないとブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ると5年間ローン審査が通らなかったり、クレジットカードが使えない、仕事によっては採用されないといったデメリットがあります。さらに30万円の過払い金から成功報酬や実費が抜かれれば手元に戻る金額はごくわずかです。

そう考えると過払い金請求をしないで借金返済をし、そのあとに過払い金請求をした方がデメリットがないということになります。(完済時の過払い金請求にリスクはありません)

そのような説明がない目先のことしか考えない事務所に依頼すると人生が破滅するので要注意です。

費用の説明をきちんとしない

費用の説明をきちんとしない事務所に依頼すると、手数料を多くとられたり、何かと経費が上乗せされて戻ってくる過払い金の金額がすくなくなってしまいます。また、費用の説明がきちんとしない事務所が過払い金を着服する可能性もゼロではありません。

過払い金請求の流れをきちんと説明しない

過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼すれば、依頼者は原則的になにもせず、結果を待つだけになります。しかし、請求の流れを確認しておかなければ、案件を放置されたり、後回しにされる、勝手に和解交渉を進められるというトラブルが起きやすくなります。

依頼する側はどのように過払い金請求をするのか確認する必要があります。

過払い金請求時の進捗確認方法を説明しない

過払い金請求の流れを確認するのと同時に、過払い金請求をしている進捗状況についても確認する方法を聞いておきましょう。進捗状況を知る術を聞いておかないと、いざ連絡したいときに担当につなげてもらえないといったトラブルが起きます。

実際に事務所に訪れても事務員しか対応してくれない

実際に事務所に訪れても事務員しか対応してくれない事務所は先述した費用のトラブル、進捗のトラブル、過払い金返還の精算時のトラブルを起こす可能性があります。担当になる司法書士または弁護士に相談できるまで契約するのは避けた方が良いでしょう。

過払い金請求の事務所トラブルによくある質問

一度依頼した事務所を変えたいです。変えられますか

過払い金請求で依頼した事務所がまともにとりあってくれない、進捗が悪すぎる、連絡がない、裁判をしてくれないといったことで不満を持っている場合は別の法律事務所に変えることが可能です。変えるかどうか判断したい人は「司法書士・弁護士事務所選びで気をつけるポイント」をご確認ください。

過払い金請求の相談をしない方が良い事務所の特徴は?

いかに当てはまる事務所は危険です。他の事務所に相談に行った方がよいかもしれません。

  • URLをコピーしました!
目次