ギャンブルが原因の借金の有力な解決方法

ギャンブルが原因の借金の有力な解決方法

ギャンブルが原因の借金は、経済的にも心理的にも大きな負担をもたらします。

これ以上借金が増えないようにギャンブルをはやめましょう。

今ある借金を減らしたりゼロにしたりする有力な解決方法を紹介しますので、参考にして下さい。

目次

ギャンブルで借金を繰り返さないために

自分の現状の把握

自分が毎月の収入に対して、いくらのお金をギャンブルで使っているのかを把握することが大切です。もし収入のほとんどをギャンブルに使っていて、追加の借金をしているのであれば、ギャンブルはすぐにやめましょう。ギャンブルが生活を圧迫して借金をしているのがわかっているにも関わらず、やめられずに借金が増えていってしまう場合は、ギャンブル依存症の可能性があります。

ギャンブル依存症は、人生に大きな損害を生じるにも関わらず、ギャンブルを続けたいという衝動が抑えられない状態です。これは、冷静な判断力を失ったり、集中力がなくなって、仕事や日常生活に影響がでることがあります。もし、自分がこの状態におちいっているのであれば、早急に対処することが必要です。

そのためには、まずは自分が負けても、次こそ勝てるという根拠があいまいな自信を捨て、ギャンブルをやめることが大切です。また、借金をする前には必ず予算や返済能力を考えることが必要で、借金をする際には返済プランを立てることが重要です。

ギャンブル依存症が深刻化する場合は、専門家に相談することもおすすめします。

ギャンブル依存症の対処方法

ギャンブルでの友人・知人との交友関係を断絶

ギャンブルをする友人や知人と交友し続けていると、ギャンブルをし続けてしまい、いつまでも依存症が改善されません。ギャンブル関係の友人や知人との交友関係はきっぱり経ち、付き合うのはギャンブルのしない友人だけにすることでギャンブルをする可能性をゼロに近づけられます。

持ち歩くお金の金額は最低限必要なだけ

ギャンブル依存症の方は、財布に入っているお金はあるだけ使ってしまうということが多いです。持ち歩くお金は最低限にし、カードといったものを使わないようにすればお金をギャンブルに使わないようコントロール可能です。

専門家へ相談

ギャンブル依存症の専門家に相談することも対処方法のひとつです。相談窓口には以下のようなものがあります。

問い合わせ先内容
依存症対策全国センターギャンブル依存症専門の相談窓口や医療機関で、各都道府県のギャンブル依存症やアルコール・薬物の専門相談窓口と医療機関を検索できる
全国の精神保健福祉センター一覧精神保健福祉センターで、全国にあるアルコールや薬物、ギャンブル依存の相談に専門の職員が応じてくれる
ギャンブラーアノニマスギャンブル依存症の自助グループで、ギャンブル依存症に悩む人同士が依存症からの脱却を目指している組織・施設である

ギャンブルで作った借金を返せないときの解決方法

ギャンブルで作った借金を返すためには、まずこれ以上ギャンブルで借金を増やさないようにすることが重要です。

また、返済が続けられないからと返済を延滞してしまうと、遅延損害金が発生し借金の総額が増加してしまう可能性がある上に、給与や銀行口座を差し押さえられることもあるため、早めの対処が必要です。

ギャンブルでの借金を減額かゼロにして解決

ギャンブルで作った借金は借金を減額するか、ゼロにする債務整理によって解決することができます。

債務整理には、貸金業者と交渉し毎月の返済額を減らせる任意整理、裁判所で債権者と話し合い毎月の返済額を減らせる特定調停、借金が最大1/10に減らせる個人再生、借金をゼロにできる自己破産、4つの種類があります。

特に、借金を減らす任意整理や特定調停、個人再生は、借金の原因がギャンブルであっても手続きに問題はありません。これらの方法を検討し、返済が続けられる方法を見つけることで、ギャンブルの借金を減らして、解決することができます。

ギャンブルの借金は自己破産するのがむずかしい

自己破産には、財産を処分し借金をできる限り返済する「破産」と、借金をゼロにできる「免責」の2種類の手続きがあります。

しかし、競馬・競輪・パチンコといったギャンブルや、株取引・FX・不動産といった投資・投機の借金、趣味・娯楽の借金がある場合には、借金をゼロにできない免責不許可事由に該当し、通常であれば自己破産が認められないことがあります。

ただし、免責を認める裁判裁量によっては、破産手続の開始が認められる場合があるので、あきらめずに弁護士や司法書士といった専門家に相談しましょう。

自己破産ができる条件をくわしく

ギャンブルの借金は自己破産だと費用が高額になる

ギャンブルの借金を解決するために自己破産を選ぶ場合、費用が高額になる可能性があります。

自己破産には、同時廃止と管財事件の2つの方法があり、管財事件の場合は、司法書士・弁護士の費用、収入印紙代、切手代、官報掲載費用のほかに財産の調査・管理をする破産管財人への引継予納金が必要で、200,000円~300,000円程度と費用が高額になる傾向があります。

ギャンブルの借金は、管財事件として手続きした調査材料を元に免責かどうかが判断されるので、費用が高額になる可能性があります。

自己破産にかかる費用について詳しく

払いすぎの利息で借金を減額かゼロにできる

2010年以前の借り入れがある場合に、払いすぎた利息である過払い金がでている可能性があります。

貸金業者に過払い金請求をすれば、発生した過払い金を返済にあてることで借金を減らしたりゼロにしたりできるかもしれません。

返済額以上の過払い金が発生した場合には、現金としても取り戻せます。自分には過払い金がどれくらい発生している可能性があるのか、確認してみた方がよいです。

家族のギャンブルでの借金はどうしたらよいか

家族の自助グループに参加して知識を得る

ギャンブル依存症の家族を持つ代表的な自助グループには「NPO法人ギャンブル依存症家族の会」や「ギャマノン」があり、これらのグループでギャンブル依存症の家族が抱える問題を共有し、知識を深め合うことは家族の現ブルでの借金と向かい合うための有効な手段です。

これらのグループは治療施設やセルフケアサービス、行政機関と連携することでギャンブル依存症者が社会復帰するための活動や、ギャンブル依存症問題の啓発と予防教育を推進しており、参加のために本名や身分を明かす必要はなく、匿名で参加できるのも安心です。

家族だからといって借金返済義務はなし

家族が借金をしている場合に、家族に借金を返済する義務はありませんが、家族の借金の保証人になってしまっている場合には返済する必要があります。

しかし、借金の保証人か連帯保証人なのかで対処方法が変わります。保証人の場合は、借金の督促が来た場合に催告の抗弁権、検索の抗弁権、分別の利益を主張することができます。

一方で、連帯保証人である場合には、残った借金を全て返済する必要があるので、返済できない場合は債務整理や過払い金請求でといった解決方法を検討しましょう。

ギャンブルによる借金についてよくある質問

ギャンブル依存症の治し方は?

ギャンブル依存症を自分で治すことは難しいですが、以下のような方法で治すことができます。

  • ギャンブルでの友人・知人との交友関係を断絶
  • 持ち歩くお金の金額は最低限必要なだけ
  • 専門家に相談をする

ギャンブル依存症の治し方をくわしく知りたい方はこちら

ギャンブルの借金はどうすればいい?

ギャンブルの借金が高額で、返済ができずに苦しんでいる場合は、借金を減額したり借金をゼロにできる債務整理を検討するべきでしょう。

ギャンブルの借金を返せないときの解決方法についてはこちら

亡くなった家族の借金はどうなる?

借金は、原則としてお金を借りた本人が返済する義務がありますが、本人が亡くなった場合は家族に返済義務がいくケースがあります。家族の借金を返済するケースを確認しておきましょう。

家族のギャンブルでの借金についてはこちら

  • URLをコピーしました!
目次