まともなヤミ金だと手を出す前に知っておきたい借金の安全な解決方法

まともなヤミ金だと手を出す前に知っておきたい借金の安全な解決方法

まともなヤミ金なんて存在しません。ヤミ金は違法業者であり、法律に違反した方法で貸し付けをしているので危険性を知ることが大切です。

ヤミ金は無職の人でも審査なしでお金を借りられるからと気軽で利用してしまうと、犯罪に加担するようなトラブルに巻き込まれることすらあるので、十分に注意すべきです。

ヤミ金に手を出して後悔する前に検討すべき借金の安全な解決方法をお伝えします。

目次

まともなヤミ金なんて存在しない

貸金業をおこなうには財務局長または都道府県知事の登録を受け、貸金業法に基づいて業務をする必要がああり、正規の貸金業者は法定金利(年利20%以内)での融資や違法な取り立てをしないなど、法律に則って営業しています。

一方で、ヤミ金は認可を受けずに営業し、高金利で貸し付け、貸金業法で禁止されているような悪質な取り立てをおこなう業者である上に、犯罪組織や反社会勢力が運営しているケースも多いので、優良でまともなヤミ金など存在しないといえます。

ソフトヤミ金にこそ注意が必要

ソフトヤミ金は優良をうたい最近出てきているヤミ金業者です。ソフトヤミ金は正規の登録を受けることなく違法営業をおこなっているのはただのヤミ金と同じなので注意が必要です。

一般的なヤミ金よりも対応が丁寧

ソフトヤミ金は正規の貸金業者のような物腰柔らかな対応をしてきます。

 丁寧な対応に思わず安心感を覚えてしまうこともありますが、実際の業務内容は一般的なヤミ金と変わらないので、借金に関する約束や返済条件に注意し、騙されないようにすることが大切です。

貸付条件の明示があっても金利が法外に高く返済期間も短い

多くのソフトヤミ金がホームページを持っており、金利や貸付条件などを明示していますが、貸付条件は、返済期間7日で融資額の20%、10日で30%といった設定が多く、年利換算すると貸金業法の上限20%を遥かに上回る1000%以上の高金利になります。

審査基準も明記されている事が多く「審査ブラックや無職の人でも借りられる」といった記載を見て、正規の貸金業者で借りるのが難しい人が手を出してしまう傾向があるのです。

在籍確認が不要

ソフトヤミ金は正規の消費者金融と違い在籍確認をしません。在籍確認は本人の返済能力を確かめるために、審査申し込み時に申告された勤務先に貸金業者が直接電話して、実際に勤務しているかどうかを確認する作業です。

ソフトヤミ金が在籍確認をほとんどしないことは、職場に借金の事実を知られたくない人には魅力的に思えるかもしれませんが、返済が滞った場合に容赦なく勤務先にも連絡して執拗な取り立て行為をおこなうので注意が必要です。

返済の滞納は厳しい取り立てが始まる

ソフトヤミ金は問い合わせ時や借りる時には正規の貸金業者と同じような丁寧な対応をするため油断しがちですが、返済が滞ると厳しい取り立てが始まります。

最初は依然として物腰柔らかな対応で返済期限の延長などを提案してきますが、延長した分高金利での利息がかさんで、さらに返済が苦しくなるので気を付けなければなりません。それでも返済できない場合は、1日に何度も繰り返して電話やメールで督促の連絡が来る、家族・職場にばらすと脅す、実際に家族・職場に連絡するなど、取り立てが執拗になります。

警察の介入を避けるために、ソフトヤミ金は法に触れる強引な取り立て・訪問はしない傾向にはありますが、精神的に追い詰められるような手法を取るのが特徴です。借金返済に支障が出た場合は早めに対処することが重要です。

犯罪行為へ加担させられることがある

ソフトヤミ金は、支払いができない利用者に、特殊詐欺の受け子や銀行口座(キャッシュカード)の売買、違法薬物の運び屋、スマートフォン契約の名義貸しといった犯罪行為を提案をしてくることがあります。

応じれば返済を減免すると言われたとしても、罪に問われるリスクがあるので、簡単に提案に応じてはいけません。

うたい文句が「必ず融資可能」「審査なし」

ソフトヤミ金は、審査なしで誰でも融資可能とうたっていることが多いですが、実際の中身は、返済能力を問わずに貸し付けることで厳しい取り立てをおこない回収することが前提になっています。

「必ず融資可能」「審査なし」といううたい文句は、お金に困っている人を助けたいというな意図は全くないので、ヤミ金を利用するとさらに状況が悪化してしまう恐れがあります。

やり取りが携帯電話やメール、SNSのみ

ソフトヤミ金のやり取りは固定電話ではなく、携帯電話やメール、SNSにすることで警察による摘発を避けています。

SNS上ではお金に困っている人をターゲットに、営業をかける事例も見られます。これらのやり取りには注意が必要で、返済が滞った場合には精神的に追い詰められるような手法を取ることがあります。

Webサイトには正確な会社情報の記載なし

ソフトヤミ金が持っているホームページのほとんどに事務所の住所はもちろん、代表者名や電話番号といった情報の記載はなく、申し込みはオンラインのみとなっています。

手を出す前に知るべきヤミ金の危険性

ヤミ金の危険性には以下のようなものがあります。

ヤミ金の危険性
  • 違法な手法を取ってくることすらある厳しい取り立て
  • 時間関係なく繰り返される執拗な電話や脅迫
  • 嫌がらせ電話は家族にも及ぶ
  • 借金がバラされるだけでない悪質な勤務先への連絡
  • 子どものいじめの原因になるかもしれない学校への連絡
  • 滞納を続けていると自宅に押しかけてくる
  • 地域にいづらくさせる嫌がらせの紙の投函・貼り紙
  • 自宅に勝手に届く出前注文
  • 嘘の通報で自宅に救急車や消防車を呼ばれる・返済資金を稼ぐために労働条件のよくない仕事を紹介される
  • 個人情報や借用書の画像を晒される

ヤミ金以外にも注意すべき危険な手口

お金に困っている人をだまそうとしている違法業者はヤミ金だけとは限りません。

以下の業者の手口には特に注意しましょう。

紹介屋の二重搾取の手口

紹介屋は、借入れを求める人に対して、審査ブラックでも借りられる、誰でも即融資OKといった宣伝文句を使って、借入れを可能にする業者を紹介します。

しかし、このような紹介屋が紹介する業者は、多くがヤミ金業者である可能性が高いため、紹介料の請求や暴利によって二重の被害を受ける可能性があるため、紹介屋には注意が必要です。

整理屋の専門家を装う手口

整理屋は、複数の借金を抱えている人をターゲットにし、債務整理の専門家だと装ってだまし取る手口を取ります。

利息をカットして借金を減額できる任意整理や元本を大幅に減額できる個人再生などを低コストで提供すると宣伝し、預かったお金をだまし取った上で手数料を請求します。

整理屋が預かった返済額を全て搾取すると、貸金業者にお金が振り込まれず、本人に督促が来てすぐにバレてしまうので、利息分のみ毎月貸金業者に返済して、司法書士を装って貸金業者に受任通知を送るといった悪質な方法をとることがあります。

クレジットカードのショッピング枠の現金化の手口

クレジットカードのショッピング枠の現金化とは、業者が提供する商品をクレジットカードで購入し、その代金の一部を現金として返金する手口です。

利用者は、手数料を差し引いた代金が振り込まれ現金を手に入れることはできますが、カード会社からの請求書はやってくるので差額分の損失を被ることになります。

また、業者がカード会社に対して働いている詐欺行為に利用者も加担することになるので、注意が必要です。

ヤミ金の借金で困ったときの対処法

ヤミ金の借金は返済の必要がない

ヤミ金は違法な業者であり、法律に違反する方法で貸し付けをしているので、借りたお金には返済義務がありません。

それを分かった上で貸し付けをしているヤミ金は、警察が介入しないギリギリのラインを狙って取り立てをし、執拗に嫌がらせを繰り返して相手が折れることを狙っています。

返済義務がないからといって無視していると嫌がらせはエスカレートし、引っ越したり夜逃げしたりしても執拗に追ってくるので、返済の必要がないとは言っても踏み倒すのが難しいといわれています。

犯罪行為はすぐに警察に通報する

民事不介入という原則が警察にはあるので、ヤミ金から借金をしてしまって困っている、というだけでは警察が捜査や取り締まりに積極的に動かない可能性が高いです。

しかし、暴力被害を受けるなど、限度を超える脅迫・嫌がらせなど緊急性の高い刑事事件となるケースの犯罪行為は、すぐに警察に相談して対応してもらうべきです。

弁護士・司法書士といった専門家に相談する

法的には返済義務がないヤミ金ですが、法律の素人が業者と交渉するのはとても難しく、相手を刺激することでトラブルが大きくなってしまう場合があります。

自分で解決しようとするのではなく、弁護士・司法書士といった専門家に相談しましょう。

ヤミ金に手を出す前に検討したい借金の安全な減額方法

ヤミ金の利用を検討せざるを得ない段階では、借金問題は自力では解決できないほど大きくなっていることが想定されます。ヤミ金に手を出す前にまず弁護士や司法書士に依頼し、合法的な方法で借金を減らせる債務整理を検討した方がよいです。

利息をカットする任意整理

任意整理は、貸金業者と交渉することで、借金の利息をカットし、返済期間を延長することで借金を減額し、負担を軽減することができる手続きです。

2010年6月17日以前に借り入れしており、利息制限法の上限を超えて利息を支払っている場合には、過払い金を請求することで払い過ぎた利息を取り戻すことができ、借金返済に充当できる可能性があります。

借金の元本を減らす個人再生

個人再生は、借金返済が困難な場合に適している手段です。借金の元本を最大で90%減額することができるため、返済負担を大幅に軽減できます。

給料などの差し押さえが始まっている場合でも、個人再生では差し押さえをストップすることが可能なほか、自己破産とは違い、住宅などの財産を残して手続きすることができるのが個人再生の特徴です。

個人再生の手続きについてくわしく

借金をゼロにする自己破産

経済状況が厳しく、任意整理や個人再生が難しい場合に検討されるのが自己破産です。

自己破産は、借金返済の見込みのない支払不能の状態であることが裁判所に認められた後に、財産を処分しできるだけ借金を返済する破産の手続きを行い、借金をゼロにする方法です。

ヤミ金についてよくある質問

ヤミ金からお金を借りたらどうなる?

ヤミ金からお金を借りると、違法な厳しい取り立て、執拗な電話や脅迫、勤務先への連絡、自宅に勝手に届く出前注文といったことをされる危険性があります。ヤミ金の危険性をしっかりと理解しておくべきです。

ヤミ金の危険性についてくわしくはこちら

ヤミ金の例はありますか?

ヤミ金のなかでも、ソフトヤミ金には特に注意が必要で、金利が法外に高く返済期間も短い、在籍確認が不要、「必ず融資可能」「審査なし」といったうたい文句などがあります。まともなヤミ金は存在しないので、ヤミ金の特徴を知っておきましょう。

ヤミ金の特徴やリスクについてはくわしくはこちら

借金を返さないとどうなるのか?

借金を返さないと、違法な厳しい取り立て、執拗な電話や脅迫、勤務先への連絡、自宅に勝手に届く出前注文といったことをされる危険性があります。どこからもお金が借りられないからといってヤミ金から借金をする前に、債務整理をして減額することを検討すべきです。

借金を安全に減額する債務整理についてはこちら

  • URLをコピーしました!
目次