借金がいくらからやばいかの基準と危機的状態の対処方法

借金がやばいと感じる基準と危機的状態の対処方法

「借金がやばい」と感じる基準や危機的な状態の対処法について、わかりやすく解説します。

借金がいくらから「やばい」かの基準は人によって違うので、どれくらいで「やばい」かの判断基準や借金を放置し続けるリスクを理解しておかないと、借金がますます膨れ上がり自力では返済できなくなるかもしれません。

借金がやばくなる前に以下の情報を知り、借金がやばい状態におちいるのを回避しましょう。

目次

借金がいくらからやばいかの基準とは

借金がいくらからやばいのかは人それぞれですが、借金をした理由・経済状況・年収などが判断するポイントになります。

例えば、生活や仕事に必要で資産となり得る車・住宅の購入資金を返済可能な範囲内で借りることは問題ありませんが、ギャンブルや趣味に無計画につぎ込んでいる場合は返済できなくなり、給与などを差し押さえられるリスクがあります。

借金がどのくらいあるとやばいのか、具体的な基準を持って考えることが重要です。

給料が差し押さえられるケース

借り入れ総額が年収の1/3を超過

貸金業法では「総量規制」という規定があり、年収の1/3を超える貸金業者からの借り入れは禁止されています。借金が年収の1/3を超過すると、返済が困難になりやすくなるからです。

銀行のローンなどは総量規制の対象外であり、実際には年収の1/3を超える借金を抱えているケースもあります。住宅ローンや自動車ローンなどはの例外貸付やおまとめローンや事業者ローンといった除外貸付も総量規制の対象ではありません。

自分自身の借金の総額を確認し、年収の1/3を超えている場合は注意が必要です。

月の家計収支がマイナス

借金があっても、安定した収入があり毎月の家計収支がプラスになっていれば、余裕を持ち返済が可能である場合が多いです。

しかし、収入よりも支出が多く、月ごとに支出の変動やボーナスがない場合には返済を滞納するほど経済状況がひっぱくしているのならば、借金が少額でも危険であると言えます。

月ごとの支出の変動やボーナスなどを考慮し、年間の収支から月間の平均収支を計算することで、より正確な把握ができます。

返済額に占める利息割合が半分以上

返済額に利息割合が半分以上を占めると、借金がなかなか減らず返済額も想定以上に多くなってしまうことがあります。

例えば、金利15%で100万円の借金をした場合、毎月2万円ずつ返すと、最初の返済額のうち約1万2,500円が利息で、元金は7,500円しか減りません。結果、返済期間は6年以上かかり、総返済額は150万円以上になります。

長期間にわたり返済を続けているにも関わらず、一向に借金が減らないと感じるなら月々の返済額を増やし返済期間を短くするなど、返済計画をもう一度見直した方がよいです。

借り入れ当初より膨らんでいる借金額

最初は急な現金の必要性から5万円だけ借り入れただけだったはずが、気が付けば10万円、20万円、50万円、70万円、100万円と借り入れを繰り返してどんどん増えていってしまったケースは、カードローンやキャッシングを気軽に利用し、返済計画・借金総額を意識することなく借金を重ねることで、返済能力を超えた金額に膨れ上がってしまったケースであることが多いです。

特に、クレジットカードのリボ払いは利用金額にかかわらずあらかじめ設定した一定金額を毎月支払うので、月々に支払う額は大したことがないように感じがちですが、気付いたときには想定を遥かに超えた支払残高になっているケースが多いので、借金の総額を定期的に確認し、返済計画を立てて適切な返済方法を選ぶことが重要です。

返済の滞納

返済を滞納したことがある場合は、借り入れの状況が返済能力を超えてしまっている可能性がとても高いと言えます。

返済を滞納する状態が続くと、遅延損害金の発生や財産差し押さえといった重い事態にも発展するので、早めに対処すべきです。

2社以上からの借金

複数社から借金をしている場合、借り入れ元・返済期限・金利といった項目を整理し、返済計画を立てる必要があります。

借金を重ねてた結果、返済が困難になってきた場合には、借金の総額から返済できる範囲を考え、借金の総額を減らす方法を検討しましょう。

自転車操業化している

資金がなく、借金返済のために他社から借金をして返済にあてる自転車操業を続けた場合に、利息がかさみ借金残高がどんどん膨らむので、やがて返済能力を超えた借金になってしまいます。

借り入れは無限に繰り返せないので、新規の借り入れができなくなると家計の破たんもおこりえます。

借金まみれで自転車操業になるリスク

闇金からの借金

闇金は正規の貸金業者とは異なり、貸金業法によって規制されていない高金利で借金を貸し出します。しかし、借り入れ先が闇金だと返済が困難になる可能性が高いです。貸金業法によって上限金利が定められているのに対し、闇金は違法な高金利を求めるため、返済負担が非常に重くなります。また、闇金は取り立ても厳しく行うことがあるため、滞納した場合には困難な状況に陥る可能性もあります。借金問題を解決するためには、司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

借金がやばいときにすべき対処法

借金の状況の正しい把握

いくらどの業者から借りているのかを確認し、家計の収支と月々の返済額から返済計画を立てます。

自力での返済が現実的なに難しいとわかったら、すぐさま弁護士や司法書士といった専門家に相談すべきです。

返済額を増やし早期返済を目指す

返済期間が長くなれば借金の利息も多くなります。負担を軽減するには、早めに完済を実現させることが必要です。

いくら返しても借金が減らないと感じる場合には、月々の返済額を生活に支障をきたさない範囲ではありますが増やした方がよいです。

借金を今以上に増やさない

借金の原因となったものを排除しましょう。ギャンブルやスマホゲームの自粛のほかに、さらに借金を重ねないためにクレジットカードやローンカードに実際にハサミを入れるといった対策も効果的です。

返済するお金がないからと、さらに他社で借金を重ねてしまうのは状況が悪化するだけなので避けましょう。

支出の見直し

早期返済を目指すには、徹底的な倹約や家計の収支幅をプラスに増やすことが大切です。

ギャンブル費用・娯楽費などの削減はもちろん、日常生活で発生している支出も見直す必要があります。

収入の増加

副業やフリマでの不用品売買、転職により年収をアップを狙う、といった方法で収入を増やし、月々の返済額を増やすのも効果的です。

親族への相談

自力で返済することが難しいといった時には親・兄弟といった親族に相談し援助を頼るのも方法のひとつです。

お金の問題は関係を悪化させる危険があるので注意が必要です。

借金をまとめて一本化

借金を複数の業者からしていた場合は、まとめてより低い金利の業者に借り換えをすることで返済負担を減らせます。

例えば、2社で50万円ずつの借金を金利18%で借りていたとすると、2社とは別会社で100万円の借金を金利15%で借りて返済先を一つにまとめた方が利息負担の軽減が可能です。

債務整理を検討

弁護士や司法書士といった専門家に依頼して債務整理すると、合法的に借金を減額できます。

任意整理、個人再生、自己破産といった債務整理の方法があります。

方法内容
任意整理借金の利息をカットして、返済期間を延長することで借金を減額できる
個人再生借金の元本を最大で90%減額できるため、返済負担を大幅に軽減できる
自己破産破産手続きを行い免責が認められると借金がゼロになる

利息をカットし借金を減らす任意整理

任意整理は、貸金業者と交渉して借金の利息をカットしたあとに返済期間を3年~5年延長し返済負担を軽減する手続きです。

収入は安定してあるけれど、借金の負担が重すぎて生活が苦かったり返済を続けているのに元本がなかなか減らなかったりする場合には任意整理を検討しましょう。

最大で90%の借金が減額可能な個人再生

個人再生は任意整理のように利息だけではなく、借金の元本を最大90%も減額できるので、返済の負担が大きく減らせます。

もし給料などの差し押さえがすでに始まっていたとしても、個人再生を進めれば差し押さえをストップできます。

個人再生の手続きについてくわしく

借金がゼロになる自己破産

自己破産は、借金返済の見込みがない支払不能状態であることが裁判所に認められ、財産を処分しできるだけ借金をで返済する「破産」手続きをした後に、借金をゼロにする「免責」で返済が原則として不要になります。

借金がいくらからやばいかでよくある質問

借金があるとどうなるのか?

借金があると返済を滞納して給料を差し押さえになる、自転車操業で借金まみれになる、闇金にお金を借りて法外な高金利の返済に追われるリスクがあります。

借金がいくらからやばいかの基準をくわしく知る

リボ払いなぜ終わらない

リボ払いをすると利息の返済ばかりで元本が減りません。お金が足りなくなって借金が当初よりも膨らむリスクもあるので、注意が必要です。

返済額に対する利息の割合についてはこちら

お金がないときはどうする?

お金がないときは、あらたな借り入れをして自転車操業になる前に、借金を減らすように対処することが大切です。

借金がやばいときにすべき対処法はこちら

  • URLをコピーしました!
目次