セディナの過払い金請求ができる条件・返還率・期間

セディナで借り入れをした方は、過払い金が発生する可能性があります。ただし、過払い金が発生しているかどうかは借り入れした時期や方法によって異なります。

自分で請求するか、専門家に依頼するかで、返還までの期間や返還率も異なりますので、詳細は司法書士や弁護士にお問い合わせください。

目次

セディナの過払い金請求ができる条件

セディナは、2009年にオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークが合併したできたクレジットカード会社(信販会社)です。そのため、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークで借り入れをしていた場合には、過払い金請求が可能です。

これは、借金を完済しているかどうか、返済中であっても、延滞していることがあっても関係ありません。また、亡くなってしまったご家族がオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークから借り入れをしている場合でも、過払い金請求ができます。

過払い金が発生する条件をくわしく

セディナの過払い金が発生する仕組み

貸金業者からの借り入れには、利息制限法と出資法の2つの法律で上限金利が定められています。利息制限法の金利が20.00%、出資法の金利が29.20%とされていました。

のちに法改正がされるまでは、利息制限法と出資法のどちらかの上限金利を決めて貸し付けることができたので、セントラルファイナンス、クオークは20.00%を超える金利、オーエムシーカードは28.8%と、出資法の上限金利である29.2%にあわせて貸し付けをしていました。

しかし、2010年6月に出資法と貸金業法が改正されたことで、貸し付けの上限金利が出資法の金利29.2%から、利息制限法の金利20.0%に引き下げられました。

オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークは、2007年までに、利息制限法の上限金利である「20.00%以内」に変更しています。

オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークは、2007年の金利変更前までに借り入れしていれば、グレーゾーン金利と呼ばれる、利息制限法と出資法の金利差で払いすぎていた利息を、過払い金として、セディナに過払い金の返還請求をすることができます。

借り入れ金額によって上限金利が変わります。借り入れ金額が10万円未満の場合は上限金利20%、10万円以上100万円未満の場合は上限金利18%、100万円以上の場合は上限金利15%です。

2007年に金利が変更されてからオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークで借り入れした方の場合は、上限金利が利息制限法で定められた金利の範囲内なので、過払い金が発生しません。

オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークが発行しているクレジットカードは、ショッピング時に使えるという特長があります。

このようなクレジットカードを使った時、契約者の代わりに支払う「立て替え金」は、利息制限法の対象になる「貸し付け金」ではありません。また、「立て替え金」を返済する際にかかる「分割手数料」は利息ではないため、過払い金が発生しないことになります。

借り入れ金額と返済回数で増減する過払い金の金額

借り入れ金額と返済回数で過払い金の金額が増減します。

借り入れ金額と返済回数が少ない場合は、セディナに支払っている利息が少ないので、発生する過払い金も少ないです。一方で、借り入れ金額と返済回数が多い場合は、セディナに支払っている利息がそのぶん多いので、発生する過払い金も多いです。

セディナへの返済方法には、一括払いとリボルビング払いがあります。

リボルビング払いで返済している場合は、借り入れの返済回数が多くなるので、一括払いでの返済よりも発生する過払い金が多くなります。

セディナに過払い金請求ができなくなるリスク

時効が成立してセディナに過払い金請求ができなくなる

過払い金には時効があり、最後の取引から10年が経過すると時効が成立して、セディナから過払い金を取り戻すことができなくなります。

オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークのクレジットカードでキャッシング利用した、借り入れを返済した日は関係がなく、あくまでも最後の借り入れをした日、返済の手続きをした日です。借り入れに関する情報は、〇〇から取引履歴を取り寄せることで確認することができます。

取引履歴は、セディナから郵送、あるいはセディナの窓口で直接取り寄せることができます。

倒産してセディナに過払い金請求ができなくなる

セディナは、三井住友グループの子会社であり、経営は安定しているため、倒産のリスクは少ないですが、過去に倒産した「武富士」のように、万が一倒産した場合、過払い金請求ができなくなります。その為、早めに過払い金請求をするべきです。

セディナの過払い金請求にかかる期間と過払い金の返還率

話し合い和解をするか、裁判をするかによって、過払い金を取り戻すまでにかかる期間(返還期間)と、発生する過払い金に対して実際に返還される金額の割合(返還率)が違います。

話し合いによる交渉で和解した場合は、返還期間が短くなりますが、取り戻せる過払い金が少なくなる傾向があります。一方で、裁判をする場合は、返還期間が長くなりますが、取り戻せる過払い金が多くなる上に、過払い金の元本に対する利息もあわせて取り戻せる可能性があります。

セディナは、信販会社で過払い金請求の対応を多く経験しているので、話し合いや裁判においてセディナが有利な立場となるように交渉をしてきます。

自分で過払い金請求をすることもできますが、貸金業者との交渉に慣れていないので返還期間が長くなったり、過払い金の返還率が悪くなって取り戻せる金額が少なくなるので、過払い金請求を専門的にあつかっていて、セディナと交渉経験が豊富な司法書士や弁護士に依頼するべきです。

司法書士・弁護士に依頼してかかる期間と返還率

話し合いで和解(任意交渉)

返還期間

6か月~

返還率

~100%

裁判で判決

返還期間

6か月~

返還率

~100%+利息

  • 上記に記載している返還期間・返済率は、セディナの過払い金請求の目安であって、必ずしも当てはまるものではありません
  • 上記に記載している返還期間・返済率は借り入れの状況、セディナの経営状況によってかわります
  • 過払い金が返還されるまでの期間によって、過払い金の元本に対する利息はかわります

セディナ(オーエムシーカード)過払い金請求のシミュレーション

例1:100万円の借り入れを完済して過払い金請求

  • 借入金額:100万円
  • 返済回数:60回
  • 過払い金:69.0万円

話し合いで和解(任意交渉)した場合は、期間が6ヶ月程度、およそ69.0万円(返還率100%)の過払い金がセディナから取り戻せる可能性があります。

裁判をした場合は、期間が6ヶ月程度、およそ69.0万円(返還率100%)の過払い金と利息をあわせてセディナから取り戻せる可能性があります。

例2:250万円の借り入れを完済して過払い金請求した例

  • 借入金額:250万円
  • 返済回数:60回
  • 過払い金:172.5万円

話し合いで和解(任意交渉)した場合は、期間が6ヶ月程度、およそ172.5万円(返還率100%)の過払い金がセディナから取り戻せる可能性があります。

裁判をした場合は、期間が6ヶ月程度、およそ172.5万円(返還率100%)の過払い金と利息をあわせてセディナから取り戻せる可能性があります。

セディナの過払い金を取り戻すまでの流れ

STEP
取引履歴を取り寄せる

過払い金請求をする前に、借り入れしたときの金利・金額・日付、返済した金額・日付が記載された取引履歴を、貸金業者から取り寄せます。

STEP
過払い金の引き直し計算をする

貸金業者から取引履歴を取り寄せたら、過払い金がいくら発生するのか引き直し計算をします。

STEP
過払い金返還請求書と引き直し計算書を送る

過払い金返還請求書と引き直し計算書を、貸金業者に内容証明郵便で送ります。

STEP
話し合いで交渉する(任意交渉)

過払い金の返還率、過払い金を返還するまでの期間を、貸金業者と話し合いで交渉します。

STEP
過払い金請求の裁判をする

話し合いの交渉で和解できなければ、貸金業者と裁判をします。

STEP
過払い金が振り込まれる

和解または判決が出たら、貸金業者から指定口座に過払い金が振り込まれます。

セディナから取引履歴を取り寄せる

過払い金請求をする前に、セディナから取引履歴を取り寄せます。取引履歴には、借り入れしたときの金利・金額・日付、返済した金額・日付が記載されています。

セディナから取引履歴を取り寄せるには、まずセディナお客様相談部に電話で問い合わせ、個人情報開示申込書を受け取り、申請書に必要事項を記入して返送する必要があります。

取引履歴は、60日程度で郵送できますが、セディナはマイクロフィルムというシステムで管理しており、専用の機器を使ってデータを復元する必要があるため、取り寄せにはさらに時間がかかる場合があることに注意してください。

セディナから取引履歴を取り寄せるときの注意点

過払い金請求をする目的を伝えない

セディナから取引履歴を取り寄せるときに、過払い金請求をするといった目的を伝えないように注意してください。

「返済義務がないと知っていて、任意で返済した借金の過払い金は請求することができない」といった内容が、民法705条によって定められています。

セディナに過払い金請求する目的を伝えた上で返済を続けていると、過払い金が少なくなってしまう場合や、過払い金を取り戻せなくなる可能性があります。

ゼロ和解しない

セディナから取引履歴を取り寄せるときに、セディナから「借り入れを0円にする(ゼロ和解)」、「利息を減額する和解書にサインをする」ことが提示されることがあります。

セディナからの条件で和解した場合に、過払い金請求をする権利を放棄することが和解書に記載されていると、過払い金請求が発生していたとしても、過払い金請求をすることができなくなります。

過払い金の引き直し計算をする

セディナから取引履歴を取り寄せたら、引き直し計算をして、過払い金がいくら発生するのかを算出します。引き直し計算には、エクセルと利息計算ソフトを使用します。

利息計算ソフトは、名古屋消費者信用問題研究会、アドリテム無司法書士法人がインターネット上で無料配布しています。

利息計算ソフトに、取引履歴の内容(金利・金額・日付、返済金額・日付)を入力すれば計算することができます。

引き直し計算を自分でするリスク

引き直し計算を自分ですると、複雑な計算を間違える可能性があります。

引き直し計算は、過払い金を請求するための重要なポイントですが、自分で計算をして金額を1円でも間違えると、取り戻せる過払い金が少なくなることや、セディナに過払い金の返還を断られてしますリスクがあります。

司法書士や弁護士といった専門家に依頼をすることで、自分で引き直し計算をして間違えるリスクがなくなるので、1円でも多く、過払い金を取り戻すことができます。

セディナへ過払い金返還請求書と引き直し計算書を送る

取引履歴をもとにして引き直し計算をしたあと、セディナへ過払い金返還請求書と引き直し計算書を内容証明郵便で送ります。

内容証明郵便で送ることで、いつ、誰が、どこに送ったかを証明することができるので、記録として残すことができます。

過払い金返還請求書の内容
・日付
・株式会社セディナ(オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオーク)
・セディナの代表名
・名前
・住所
・連絡先電話番号
・振込口座名
・口座番号
・契約番号、会員番号
・〇万円の過払い金を返還請求する旨の内容

話し合いで交渉(任意交渉)

セディナへ、過払い金返還請求書と引き直し計算書を送ったあと、引き直し計算をもとに発生した過払い金の返還率、過払い金を返還するまでの期間を話し合いで交渉するために、セディナの担当者から電話で連絡がきます。

過払い金請求の裁判

取り戻せる過払い金の金額が変わる裁判の争点

セディナから借り入れを繰り返している場合は、取り戻せる過払い金の金額が変わる可能性があります。

セディナから繰り返している借り入れが、一連の取引としてあつかわれるか、分断された取引としてあつかわれるかが、裁判の争点になります。

例えば、同じ契約番号で借り入れを繰り返している、セディナに1,000円未満の借り入れがある、いずれかのケースでは、借り入れが「一連の取引」としてあつかわれることで、取り戻せる過払い金の金額が多くなります。

一方で、繰り返している借り入れが分断された取引としてあつかわれると、それぞれの借り入れに対して過払い金を計算するので、取り戻せる過払いが少なくなります。

繰り返している借り入れが一連の取引か、分断された取引か、どのようにあつかわれるかを自分で判断することや、引き直し計算をすることはむずかしいので、司法書士や弁護士といった専門家に相談をするべきです。

セディナから過払い金が振り込まれる

セディナと話し合いで和解、あるいは裁判で判決が出たあと、セディナとの和解を示す和解書や裁判の判決内容に応じた過払い金が、セディナに指定した口座に振り込まれます。

過払い金請求を専門家に依頼していた場合は、司法書士や弁護士事務所の口座に過払い金が振り込まれたあと、相談料、着手金、基本報酬、成功報酬といった費用が差し引かれた金額が、手元に残る過払い金として振り込まれます。

司法書士や弁護士の費用・料金は過払い金から差し引かれる

過払い金請求を司法書士や弁護士といった専門家に依頼すると、相談料、着手金、基本報酬、成功報酬が、費用としてかかります。

司法書士や弁護士の依頼にしてかかる費用や報酬の定義、上限金額は、日本司法書士会連合会(日司連)や日本弁護士連合会(日弁連)のガイドラインで定められています。

司法書士に依頼した場合にかかる費用は、着手金、基本報酬といった定額報酬が合計5万円以下と定められていますが、弁護士に依頼した場合にかかる費用は、基本報酬が上限2万円と定められているだけで、着手金には上限が定められていません。

司法書士や弁護士といった専門家に依頼をする場合は、過払い金請求にかかる費用や相場について、電話・メールで相談、あるいは直接面談をするときに確認をするべきです。

セディナの過払い金請求をするデメリットとメリット

セディナの過払い金請求をするデメリットとメリットは、過払い金請求をする時点でのセディナからの借り入れ状況によってちがいます。

借金を完済している方、いまも借金を返済中の方、それぞれの状況にあったデメリットとメリットを確認してください。

完済後にセディナの過払い金請求をするデメリットとメリット

メリット
  • 過払い金を取り戻せるセディナから借り入れが不要になる
デメリット
  • セディナから新たな借り入れができなくなる

借金の完済後にセディナの過払い金請求をするデメリット

借金の完済後にセディナの過払い金請求をするデメリットは、セディナから新たに借り入れることができなくなることだけです。

ただし、過払い金の時効が成立したり、、セディナが倒産したりすると、過払い金請求をすることができなくなり、過払い金が発生していても1円も取り戻すことができません。

借金の完済後から時間がたっている方は、1日でもはやく過払い金請求をすべきです。

借金の完済後にセディナの過払い金請求をするメリット

借金の完済後にセディナの過払い金請求をするメリットは、過払い金を取り戻すことができることです。

セディナから取り戻した過払い金を生活の資金にすることができるので、生活を少しでもラクにすることができる可能性があります。

生活がラクになれば、今後も新たな借り入れをしなくてよくなるかもしれません。

借金の返済中にセディナの過払い金請求をするデメリットとメリット

  1. セディナの借金が50万円、過払い金が100万円
  2. セディナの借金が100万円、過払い金が50万円

例①では、セディナの借金よりも過払い金が50万円多いので、過払い金をセディナの借金の返済にあてることで、残った過払い金が手元に戻ってきます。

例②では、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの借金の返済に過払い金をあてても借金が残るので、借金の返済中にセディナの過払い金請求をする状況になります。

借金の返済中にセディナの過払い金請求をする場合、ブラックリストに載るデメリット、返済中の借金を減額できる、毎月の返済の負担を減らす交渉ができるメリットがあります。

メリット
  • セディナに返済中の借金を減額できる将来の利息カットや返済期間を見直しする交渉ができる
デメリット
  • ブラックリストに載る

借金の返済中にセディナの過払い金請求をするデメリット

オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの借金が、返還される過払い金よりも多い場合は、貸金業者と交渉をして、過払い金を差し引いて残った借金を減額する任意整理の手続きをします。

返済の延滞を繰り返したり、借金を滞納したことがある方は、すでにブラックリストに載っているので、過払い金請求をするべきです。

過払い金がいくら発生するかは、貸金業者との取引履歴から払いすぎていた利息を計算する「引き直し計算」をすることでわかります。

引き直し計算をして、発生する過払い金がオーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの借金より多いか、少ないか、結果が分かってから過払い金請求をするかしないかの判断をすることができます。

借金の返済中にセディナの過払い金請求をするメリット

借金の返済中にセディナに過払い金請求をして、過払い金が発生すれば、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの借金の返済に過払い金をあてることで、借金を減額することができます。

また、発生した過払い金が借金の残高よりも多ければ、借金を完済することができます。

発生した過払い金で借金が完済できなければ任意整理をすることになりますが、将来発生する利息をカットする、返済期間を見直して延長することができれば、毎月の返済をラクにすることができるようになります。

セディナの過払い金請求によるクレジットカードとローンへの影響

楽天銀行スーパーローン

セディナは、借り主がスーパーローンなどの借り入れの返済を延滞した場合、楽天銀行の代わりに返済(代位弁済)する保証会社となっています。

セディナの過払い金請求が、楽天銀行スーパーローンの借り入れに影響することはありません。

住宅ローン・自動車ローンへの影響

セディナの過払い金請求が、返済中の住宅ローン・自動車ローンに影響することはありません。

過払い金請求をした後に、新たな住宅ローン・自動車ローンの審査に影響することもありませんが、オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークの借金が、返還される過払い金よりも多い場合は、貸金業者と交渉をして、過払い金を差し引いて残った借金を減額する任意整理の手続きをします。

任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録される、いわゆるブラックリストに載ります。住宅ローンや自動車ローンの審査は、申し込み時の年齢、年収といった情報だけでなく、信用情報機関の情報も対象とするので、ブラックリストに載るとローンの審査に通りにくくなります。

オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオークからの借り入れで延滞を繰り返したり、滞納したことがある方は、すでにブラックリストに載っているので、ローンの審査を気にすることなく過払い金請求をするべきです。

過払い金が住宅ローンに与える影響

セディナについてよくある質問

セディナに過払い金請求できるのか

セディナ(オーエムシーカード、セントラルファイナンス、クオーク)に過払い金請求をすることができます。ただし、セディナに過払い金請求をする条件があるので、詳しくは「セディナに過払い金請求ができる条件」を確認してください。

セディナに過払い金請求するデメリットがあるのか

セディナに過払い金請求をすると、原則としてセディナから新たな借り入れをすることがむずかしくなります。しかし、過払い金請求の対象から外した貸金業者からは借り入れすることができます。

セディナの過払い金請求にかかる期間や過払い金の返還率は?

セディナと話し合いで和解した場合は、期間が6か月程度で過払い金の返還率が100%、裁判で判決した場合は、期間が6ヶ月程度で過払い金の返還率が100%と利息を、取り戻せる可能性があります。

セディナの会社概要

セディナは、三井住友フィナンシャルグループの子会社である株式会社オーエムシーカード、株式会社クオーク、株式会社セントラルファイナンスが2009年4月に合併してできた会社です。

当初はオーエムシーカードは主婦層に強く、カード発行部数も業界トップレベルでした。また、セントラルファイナンスもかつての信販業界大手の一つでした。この合併により、三井住友グループがカード事業で大きな地位を占めることになりました。セディナは本店が愛知県名古屋市に、東京本社は東京都港区にあり、代表取締役社長は小野直樹氏です。

セディナは2011年までは上場していましたが、その後2011年に株式会社SMFGカード&クレジットの完全子会社となりました。これは、過払い金の請求が頻発し多くの貸金業者が返還に応じざるを得ないことで財務状況が大きく悪化したことが背景にあります。また、2013年には新たにプロセントと、2016年にはさくらカードとも合併し、経営効率化を図りました。

セディナは三井住友ファイナンシャルグループの一部であり、リテール決済事業を担当しています。そのため、三井住友銀行やSMBCコンシューマーファイナンス、三井住友カード、三井住友ファイナンス&リースなどのグループ各社との連携が営業において大きな強みです。

主な関係会社には、セディナ債権回収、SMBCファイナンスサービス、セディナオートリース、セディナトータルサービスがあり、これらはセディナの完全子会社です。

過払い金請求に強い事務所を探す

北海道

東北地方

関東地方

中部地方

関西地方

中国地方

四国地方

九州地方・沖縄地方

  • URLをコピーしました!
目次