借金を減額する仕組みと借金減額診断のからくり

借金を減額する仕組みと借金減額診断のからくり

借金を減らすためには、国が認める債務整理、過払い金返還請求、ローンの借り換えなどがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

借金の減額というと、どのような仕組みで減額されるかがわからないのでうさんくさいと感じる方もいるかもしれませんが、債務整理のように国が認める減額方法もあります。

ただし、状況によっては手段を間違えるとデメリットが生じることがあるので「借金減額診断」という事前に減額できる借金の金額を把握するツールを使ってもいいでしょう。

それぞれの借金を減額する仕組みや借金減額診断のからくりを知り、できるだけ少ないデメリットで借金を減額しましょう。

目次

借金減額の3つの種類とメリットとデメリット

借金減額には、債務整理・過払い金返還請求・ローンの3種類があります。

それぞれのメリットとデメリットを知り、自分にあった方法で借金減額をすることが大切です。

債務整理は国が認める借金減額制度

債務整理は、国が認める借金減額制度の総称のことで、主に任意整理・個人再生・自己破産の3種類の手続きがあります。

任意整理は利息をカットし返済期間を引き延ばせる

任意整理は、借金が多くて返済が困難な場合に利用することができる債務整理の方法のひとつです。任意整理をすると、借金全体の利息をカットし、返済期間を引き延ばすことができます。これにより、月々の返済が楽になり、計画的に返済が進められるメリットがあります。

ただし、任意整理をすると、ブラックリストに情報が載ってしまいます。これにより、クレジットカードの新規作成やローンの利用、新規でお金を借りることができなくなります。しかし、ブラックリストに載っても、約5年経てば債務整理の情報は削除されるので、そこまで深刻に考えなくても問題ありません。

また、任意整理には、持ち家を手放することもなく、現在利用しているローンを解約することもなく、保証人への影響もなく、周囲にバレる可能性も低いなど、デメリット以上に多くのメリットがあるため、多くの人が利用しています。

個人再生は借金が最大90%減額できる

個人再生をすると借金を最大で90%減額することができ、残った分は3年〜5年の分割で返済することができます。

個人再生をすると、ローンで購入した車や自宅といったものも手続きの対象になりますが、住宅ローンは除いて手続きをおこなえる制度「住宅ローン特則」なら、住宅を残しながら個人再生をおこなうことが可能です。

個人再生をするとブラックリストに載ることに加えて、官報にも氏名などが掲載されるデメリットがありますが、ブラックリストは約5年~10年が経てば情報は削除され、官報は一般の人がほとんど目にしないものなので、手続きが周囲の人に知られる可能性は低いです。

個人再生は、減額したあとの借金を3年〜5年のうちに完済できれば、大部分の借金返済が免除されるため、デメリット以上にメリットがある手続きといえるでしょう。

個人再生の手続きをくわしく知る

自己破産で借金を消滅させる

自己破産をすると、破産と免責の申し立てをおこなって借金を消滅させることができます。

車や家をはじめとした財産を手放すデメリットはありますが、実際は全ての財産を手放すわけではなく、一部の現金や生活に必要な財産は手元に残しておけます。手続きの間だけ一部の職業制限が発生しますが、自己破産をしたあと就職活動をしたとしても影響しません。

ブラックリストや政府が発行する官報に載りますが、ブラックリストは10年程度が経てば自己破産の情報は削除されてローンやクレジットカードの利用ができます。官報から借金していたことを知られると心配する人もいるかもしれませんが、一般の人が目にすることはほぼありません。

生活への影響が大きい自己破産ですが、借金をゼロにできるので、借金問題をいち早く解決できるのがメリットです。

過払い金返還請求で利息の払い過ぎ分を取り戻す

過払い金返還請求は、出資法と利息制限法との上限金利の差から生み出されたグレーゾーン金利により払いすぎた利息分を取り戻す手続きです。

借金そのものを減額する制度ではないが、取り戻した過払い金で借金を減額できる可能性があります。過払い金で借金を完済できない場合は任意整理に該当するのでブラックリストに載りますが、5年程度で情報は削除されます。

借金が過払い金で完済できれば、多くの借金を減額することができるうえ、現金として手元に戻ってくる可能性すらあります。過払い金調査だけでも、借金返済中の方はおこなうべきだと言えます。

ローンの借り換えで借金を1つにまとめる

ローンの借り換えは、2社以上から借りたローンを1つにまとめて返済するサービスです。

バラバラだった返済日や返済方法がまとめられることにより、返済の手間が少なくなります。また、低金利のおまとめサービスを利用すれば、利息を少なくできるため、返済額を減らすこともできます。

しかし、サービスによっては借金を一本化する前より総返済額が多くなってしまうこともあり、また、審査が厳しいため利用できない場合もありますので、利用するサービスを選ぶ際には注意が必要です。

借金減額診断の使い方と効果

借金減額診断や減額シミュレーターといった方法で、どのくらいの借金が減額できるかおおよその額を調べることができます。

借金減額診断のからくりについて

借金減額診断や減額シミュレーターは、借金に関する情報と個人情報を入力することで、借金をどの程度減らすことが可能かを概算してくれるサービスです。

このようなサービスは基本的に無料で利用することができ、借金減額に向けた解決策を探す上で有用な情報を提供します。

借金減額診断やシミュレーターはうさんくさくないか

借金減額診断やシミュレーターは、借金が減額できるかどうか、減らすことがどれくらいできるか、自分にあった解決方法は何かをネット上で診断するサービスです。

これらのサービスは、弁護士や司法書士の監修のもと作られているのでうさんくさいものではなく、実際に債務整理をする際と同じように個人情報や借金情報を入力しますが、診断以外のことに情報が利用されることがありません。

借金減額診断のメリットとデメリット

借金減額診断は、気軽に借金減額シュミレーションができ、診断結果をもとにして司法書士・弁護士に相談が可能なので診断から実際の手続きまで流れがとてもスムーズに進められることがメリットです。

しかし、簡単な情報のみでできる減額金額のシミュレーションなので、借金減額診断のみでは正確な金額や・自分の状況に合う手続き内容を知ることはできません。司法書士・弁護士に直接相談することが必要であり、借金減額診断はあくまで目安としてとらえることが重要です。

さらに、借金減額診断では入力した連絡先に結果を伝える場合もあるので、借、運営している弁護士事務所や司法書士事務所が信頼できるか、実績があるかなどの確認が大切です。

借金を減額する仕組みについてよくある質問

国が認める借金減額制度とは?

国が認める借金減額制度は、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の3種類の手続きがあります。借り入れ額や返済状況によって必要な手続きが違うので、手続きをするときは専門家に相談することが大切です。

債務整理の手続きについて詳しくはこちら

借金の利息を減らす方法は?

借金の利息を減らす方法は、任意整理です。任意整理は、将来発生する利息をカットして、返済期間を見直すことで毎月の返済額を減らすことができます。

任意整理のメリット・デメリットについてはこちら

借金減額にはいくらかかる?

借金を減額する方法は、債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)がありますが、どの手続きをするかによってかかる費用が違います。債務整理にかかる費用を確認してください。

債務整理にかかる費用の相場はこちら

  • URLをコピーしました!
目次