過払い金請求の口コミに惑わされずに司法書士・弁護士を選ぶ方法

過払い金請求の口コミに惑わされずに司法書士・弁護士を選ぶ方法

過払い金請求の口コミを調べると、インターネット上には口コミが掲載されているサイトが多くあります。

過払い金請求を依頼する事務所を探している場合は、実際に過払い金請求をした人の口コミは参考になる情報です。

しかし、このような口コミサイトの多くが、広告料をもらって事務所の口コミを掲載している場合や、虚偽の口コミを作って掲載している場合があるので、信じすぎてしまうのは危険です。

この記事では、過払い金請求の口コミサイトを信じてはいけない理由と、過払い金請求をいらいすべき事務所の選び方を解説します。

目次

過払い金請求の口コミサイトを信じてはいけない理由

「過払い金請求 口コミ」で検索をすると、検索結果に表示されるサイトが多いので、司法書士・弁護士事務所の口コミ・評判についてまとまった情報が掲載されているサイトを簡単に見つけることができます。

口コミ・評判は、利用者が実際に事務所を利用した体験が書き込まれているので参考になりますが、口コミサイトに掲載されている内容を信じすぎると「こんなはずではなかったのに」と後悔する可能性があります。

過払い金請求の口コミサイトに掲載されている内容を、信じすぎてはいけない理由が2つあります。

口コミサイトは広告の可能性が高い

インターネット上のランキングサイトや口コミサイトによっては、過払い金請求の口コミを掲載することで事務所から広告料をもらって運営している、広告サイトであることが多いです。

さらに、ランキングがついている場合は、高額な広告料がもらえる事務所に良い口コミを入れたりランキングの上位に表示させたりすることもあるので、口コミサイトだけを信じて過払い金請求を依頼する事務所を選ぶことは危険です。

口コミサイトに掲載されている情報は参考程度として、事務所の公式サイトなどから情報を収集するようにしましょう。

偽造された口コミの可能性がある

口コミサイトには、偽造された口コミが掲載されている可能性があります。

口コミサイトでも特に信用してはいけないのが、アフィリエイトを扱っているサイト、個人の体験談のブログ、運営者がわからないサイトです。

過払い金請求や、任意整理、個人再生といった債務整理について知識のない人が、事務所からの広告料を儲けたいためだけに口コミを偽造して、事実ではないことを掲載している可能性があるからです。

広告単価が高い事務所をランキングの上位にして、口コミを偽造・操作する悪質なケースもありますが、口コミが偽造されたものであっても、事務所に責任があるとはいえません。

虚偽の広告は法律で禁止されているので、事務所が指示をしてしまえば、事務所が違法行為をしていることになるためです。

あくまでも、違法行為をするアフィリエイトサイト(アフィリエイターが運営するサイト)に問題があるのであって、事務所に責任があるわけではありません。そのため、口コミサイトだけを信じて依頼をすると、思った結果が得られない事務所に依頼して失敗する可能性があります。

過払い金請求の口コミを信用するリスク

トラブルの原因になる

口コミは、過払い金請求を依頼する事務所を決めるときの有用な情報源の1つですが、アフィリエイターによって偽造された口コミである場合があります。

特に、過払い金請求を依頼する司法書士や弁護士にかかる費用については、広告サイトにすべてが記載されているわけではありません。サイトに書かれている内容が不正確ということもあるので、信じすぎないように注意する必要があります。

口コミサイトを信じすぎると、サイトに書かれている内容と実際の事務所の対応が違って、期待していた結果にならず、トラブル原因になることがあります。

口コミより事務所の能力が低い

過払い金請求についての口コミサイトで、どれだけ優れた事務所であるか紹介されていたとしても、その事務所が本当に過払い金請求に強い事務所ということにはなりません。

アフィリエイターが運営する広告サイトは、高額な広告料がもらえる事務所を優先して紹介しようとします。つまり、過払い金請求を本当に得意としている事務所であっても、支払われる広告料が安ければ下位のランキングにしたり、良い口コミを掲載していなかったりします。

また、口コミはあくまで個人の感想であって、すべての人にその情報が当てはまるわけではないことに注意が必要です。例えば、過払い金請求について詳しく話してくれたことを「親身になってくれた」と感じる人もいれば、それよりももっと早く手続きを進めてほしいと感じる人もいます。

口コミを投稿した人にとっては良い事務所であっても、必ずしもすべての人にとって良い事務所というわけではありません。口コミサイトだけでなく、Yahoo!知恵袋や掲示板サイトでも同じです。

過払い金請求を依頼するときには、口コミは信用しすぎないであくまでも参考程度にとどめておき、実際に司法書士・弁護士に相談をしたときの対応で判断すべきです。

過払い金請求を依頼するべき事務所

過払い金請求に強い事務所

公式サイトを確認する

過払い金請求を依頼する場合、過払い金請求に強い事務所に依頼することが大切です。過払い金請求に強い事務所かどうかを判断するためには、口コミサイトではなく、司法書士・弁護士事務所が運営する公式サイトを確認しましょう。

司法書士・弁護士事務所が運営する公式サイトでは、口コミが偽造されることや、過払い金請求にかかる費用について虚偽の情報が掲載されることがありません。

過払い金請求を依頼する事務所をインターネット検索で探すときには、事務所が運営している公式サイトの情報を確認することが大切です。

過払い金請求の専門性が高い

過払い金請求を依頼する場合には、過払い金請求を専門的にあつかっている司法書士・弁護士事務所を選ぶことが大切です。

事務所の公式サイトに「過払い金請求を専門に扱っている」と明記している司法書士や弁護士事務所は過払い金請求で頼れる事務所である可能性が高いです。

特に、過払い金請求の特設サイトを作っている事務所は、特設サイトを作るだけの手間と費用をかけているので、過払い金請求に力を入れているといえるでしょう。

事務所の公式サイトや過払い金請求の専門サイトに、年間の相談件数や累積および月間の実績件数を公表している事務所も多いです。相談件数が多いことや、実績が豊富なことは過払い金請求を専門的に扱っているかを判断する目安になります。

過払い金請求の返還率が高い

過払い金請求に強い事務所は、スキルの高い司法書士や弁護士が在籍しているので、過払い金請求の手続きがスムーズに進みます。そのため、過払い金の返還率が高いです。

過払い金請求を得意としている事務所では、過払い金の返還率を公表していることが多いです。過払い金の返還率は、発生する過払い金に対して、貸金業者と交渉することで実際に回収できる過払い金の割合のことです。

スキルの高い司法書士や弁護士が在籍している事務所は、貸金業者との交渉がスムーズなので高額な過払い金の返還が可能です。過払い金の返還率が70%~80%程度であれば悪くない数字といえるでしょう。

ただし、貸金業者との交渉によっては返還率があまりよくないことがあります。そのため、過払い金請求に強い事務所であることはもちろん、貸金業者ごとに対応の特徴や返還率をまとめている事務所を選ぶことが大切です。

費用対効果が高い

過払い金請求にかかる費用が安いことを売りにしている司法書士・弁護士事務所もありますが、費用が安ければいいわけではありません。

たとえ過払い金請求にかかる費用が安かったとしても、本来100万円の過払い金が返ってくるはずが、70万円しか取り戻せなければ30万円の損をしたことになります。

例えば、司法書士・弁護士にかかる費用が30万円であっても、過払い金が70万円しか取り戻せなければ、手元に残る金額は40万円です。一方で、司法書士・弁護士にかかる費用が50万円であっても、過払い金が100万円取り戻せれば、手元に残る金額は50万円です。

司法書士・弁護士の費用がある程度かかったとしても、より多くの過払い金を取り戻せるのであれば、費用対効果が高いといえます。

また一見費用が安そうに見える事務所でも、実は後から追加で費用がかかるということがあります。結果として、初期費用が高い事務所より総額が高くなってしまうリスクが発生します。

過払い金請求の相談をするときは、司法書士・弁護士から費用についての具体的な説明を受けて、どのような費用がいくらかかるのか、どの程度の過払い金が返ってくる想定なのか、明確に答えてもらえる事務所を選ぶべきです。

過払い金請求を依頼する司法書士・弁護士の選び方

過払い金請求の豊富な実績がある

過払い金請求の豊富な実績がある司法書士・弁護士を選ぶことが大切です。

司法書士・弁護士といっても得意としている分野があるので、過払い金請求をほとんどあつかっていないという事務所も多くあります。

そのため、過払い金や債務整理以外の分野では優れた司法書士・弁護士であってたとしても、過払い金請求をほとんどおこなっていないのであれば、過払い金の返還額が少なくなる可能性が高いので、おすすめはできません。

司法書士・弁護士事務所が運営する公式サイトや過払い金の専門サイトに、過払い金請求の実績や相談件数といった記載がしっかりとされている事務所であれば、安心して相談することができます。

司法書士・弁護士本人による面談がある

過払い金請求や債務整理の相談は、司法書士・弁護士の有資格者がかならず対応しなければならないと、弁護士会や司法書士会のガイドラインで定められています。

そのため、司法書士や弁護士本人による面談がある事務所を選ぶようにしましょう。

信頼できる事務所であれば必ず司法書士・弁護士本人が面談をしますが、事務員に任せきりにして本人が対応しないような事務所も存在します。

決められたガイドラインを守らないような事務所は信頼ができないので、絶対に依頼してはいけません。家から事務所までの距離が遠い、事務所に行くのが面倒くさいといった場合でも、司法書士や弁護士と面談をしないで過払い金請求の依頼をするのはやめるべきです。

リスクについての説明がある

完済した借金の過払い金請求にはリスクがありませんが、返済中の借金の過払い金請求にはリスクがあります。そのようなリスクについても説明してくれる事務所は信頼できます。

クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠を返済中に過払い金請求をする場合、ショッピング枠は過払い金請求の対象外なので、キャッシング枠で発生した過払い金でショッピング枠の残債を完済できなければ、ブラックリストに載ります。

また、いまも使用しているクレジットカード会社へ過払い金請求をするときには、そのクレジットカードが利用できなくなります。

顧客のことを第一に考えてくれる司法書士・弁護士事務所であれば、過払い金請求によるリスクを避けるための対処方法を説明してくれます。良いことばかり言って、過払い金請求のリスクの説明がほとんどないような事務所よりも信頼できます。

明確な費用についての説明がある

過払い金請求にかかる費用を明確に説明してくれる司法書士・弁護士は信頼できる可能性が高いです。

過払い金請求には、基本的に、着手金、基本報酬金、過払い報酬金、裁判費用、その他の実費がかかります。

これらの費用は、司法書士・弁護士事務所によって違います。なかには、過払い金請求にかかる費用が相場と比べて異常に高い事務所もあるので、明確な費用を知らずに依頼すると、取り戻した過払い金の多くが司法書士・弁護士の報酬にかかってしまうので、損をする可能性があります。

過払い金請求を依頼する前に、どの程度の費用が、どのタイミングでかかるのかを明確に伝えて、見積もりを出してくれる事務所だと、トラブルや予想外の費用がかかるリスクを回避できます。

こちらも読まれています

過払い金請求のからくり

過払い金が発生する理由と請求できる条件

過払い金は、過去の借り入れにおいて、法律で定められた上限金利を超えて払いすぎてしまった利息のことです。

過払い金が発生する理由としては、上限金利を定める利息制限法と出資法という2つの法律があります。

過去、利息制限法が20%、出資法が29.2%で、どちらかの金利を適用すれば良かったので、貸金業者の多くが上限金利29.2%の出資法で貸していました。

しかし、2010年6月に貸金業法と出資法が改正されて、上限金利は利息制限法で定められている20.0%に引き下げられました。

上限金利の引き下げによって、出資法の上限金利で返済していた利息は、本来払わなくてもいい払いすぎていた利息とされ、過払い金として返還請求できるようになりました。

こちらも読まれています

過払い金請求をするときの注意点

完済後に過払い金請求するケース

過払い金請求をした貸金業者からあらたな借り入れをすることができなくなります。

また、クレジットカードのキャッシング枠に対して過払い金請求をすると、手続きをしたクレジットカード会社を使用することができなくなります。

ただし、過払い金請求をしていない貸金業者以外には影響がないので、あらたな借り入れやクレジットカードの作成ができます。借金を完済後の過払い金請求については、注意点がほとんどありません。

借金を返済中に過払い金請求するケース

借金を返済中に過払い金請求するときには、取り戻した過払い金で借金の残債を完済できるかどうかで、手続きが変わってくるので注意が必要です。

取り戻した過払い金を借金の返済にあてて、過払い金のほうが多ければ、あまった過払い金は手元に戻すことができます。ただし、借金を完済後の過払い金請求と同じように、手続きをした貸金業者やクレジットカード会社からは、新たな借り入れやクレジットカードの仕様ができなくなるので注意が必要です。

一方で、過払い金を借金の返済にあてても残債がある場合は、将来利息をカットして借金を減額する手続きである任意整理をすることになります。任意整理は減額した借金を3年~5年かけて返済します。任意整理をするとブラックリストに載るので、過払い金請求をした貸金業者やクレジットカード会社に関わらず、あらたな借り入れや、クレジットカードの作成ができなくなります。

しかし、ブラックリストになったといっても、あらたな借り入れができないぶん生活を立て直すことができます。また、ブラックリストに載る5年間が過ぎれば、再び借り入れをすることやクレジットカードを作成することができるようになります。

ブラックリストになることを恐れて借金の返済を延滞・滞納することで、遅延損害金を請求される、一括返済を要求される、給料や財産を差し押さえられるといったリスクがあります。すでに借金の返済が苦しいと感じるかたは、すぐに過払い金請求および任意整理の手続きをするべきです。

過払い金請求をする流れ

STEP
司法書士・弁護士に電話かメールで相談する

まずは電話またはメールで、司法書士・弁護士に過払い金の無料相談をします。

電話で相談する場合は、借り入れがいつからあるのか、どの貸金業者から借り入れていたのかを担当のオペレーターに伝えることで、過払い金が発生するのか、いくらの過払い金が発生するのかを診断して、概算の金額を教えてもらいます。

メールで相談する場合は、相談フォームにある質問項目を入力して送信をすることで、電話またはメールで、過払い金が発生するのか、いくらの過払い金が発生するのか、診断結果が届きます。

STEP
司法書士・弁護士との面談する

電話やメールで無料相談をした後に日時を決めて、司法書士・弁護士と事務所あるいはオンラインで面談をおこないます。

本人確認のために、免許証や保険証などの身分証明書を確認したら、借り入れ状況を無料診断のときよりも詳細に伝え、その後の手続き方針が決定します。

司法書士・弁護士から過払い金請求および任意整理にかかる費用の説明を聞いて、納得をしたら契約をします。

STEP
過払い金がいくらあるか調査する

過払い金があるかどうか、いくら発生するのかを調査するために、貸金業者から借り入れの取引履歴を取り寄せます。取引履歴を確認することによって、いつから、いくら、何パーセントの金利で借り入れをしていたのか、借り入れの詳細を確認することができます。

取引履歴を取得したら、その情報をもとにして引き直し計算をおこないます。

引き直し計算とは、過去に支払った利息を現在の上限利息に直して計算し直すことで、実際の借入額はいくらなのか、払いすぎていた利息がいくらあるのかを、正しく算出することです。

STEP
過払い金返還請求書を送付する

引き直し計算をして、過払い金がいくら発生するかがわかったら、過払い金請求をする貸金業者に過払い金返還請求書と引き直し計算書を送ります。

書類を送るときは、貸金業者に受け取っていないといわれることがないように、内容証明郵便を使って、いつ誰が送ったかわかるようにします。

STEP
貸金業者と話し合いによる交渉をする

過払い金の返還額や、過払い金を支払う期限について、貸金業者と話し合って交渉します。

ただし、発生していた過払い金すべてを取り戻せるわけではありません。

過払い金請求の手続きを依頼した司法書士や弁護士が、過払い金請求を専門としているかどうかで、過払い金の返還率が違います。

STEP
過払い金請求の裁判をする

話し合いによる交渉で過払い金の額に納得できず和解しなければ、裁判をおこなって交渉を続けます。

裁判による交渉はすぐに判決が出ることもありますが、どうしても納得ができない場合は判決が出るまで交渉をおこないます。

STEP
過払い金が返還される

貸金業者と話し合って和解、あるいは裁判で判決がでると過払い金が返還されます。

過払い金は、一度、司法書士・弁護士事務所の口座に振り込まれます。その後、過払い金から成功報酬を差し引いた金額が、最終的に依頼者の口座に振り込まれます。

過払い金が発生しなかったときの対処方法

借入を完済しているときの対処法

過払い金請求の手続きの結果、過払い金が発生しなかったときの対処法として、借金を完済していれば司法書士・弁護士事務所の規定によります。

手続きや調査に費用がかかる事務所であれば費用を支払って終了になり、調査が無料の事務所であれば特に何もすることなく終了となります。

借り入れを返済中のときの対処法

借り入れを返済中に過払い金請求の手続きをした結果として、過払い金が発生しなかった場合は債務整理をすることになります。

債務整理は、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の総称で、手続きごとに借金を減らせる額がちがいます。手続きにかかる費用は事務所や借り入れ状況によって違うので、事務所に相談をして確認をする必要があります。

過払い金請求の口コミによくある質問

過払い金請求はどこがいい?

1つの貸金業者に対して多額の借金をしていたことがある人は弁護士事務所、複数の貸金業者から借り入れをしていた人は司法書士事務所に相談することをおすすめします。司法書士は1社につき最大140万円までの請求にしか対会できませんが、弁護士なら上限なしで請求に対応することができます。続きはこちら>>

事務所などに紹介されている口コミは信じて平気?

弁護士や司法書士事務所が公式で後悔している口コミは対応した実績であるため信じてもよいかもしれませんが、口コミサイトや検索上で匿名かつ誰でも書ける口コミは偽造された内容である可能性があります。信じてはいけない口コミは…続きはこちら>>

  • URLをコピーしました!
目次